« おつまみ総集編 | トップページ | アマダイの木の芽焼きの献立 »

2009年12月24日 (木)

クリスマス特集③

●白身魚のマリネ

 白身魚は冷凍物でもOKです。

材料・・・(4人分)白身魚5切れ、たまねぎ1/6個、パセリ少々、キャベツ3枚

漬け汁・・・酢大3、油大2.5、塩小1/2、こしょう少々

①白身魚は食べやすい大きさの削ぎ切りにし、塩・こしょうします。

②玉ねぎはみじん切りにして水にさらし、付近につつみ水気を切ります。

③パセリはみじん切り、キャベツは千切り。

④揚げ油を中温に熱して①をからっと揚げ、漬け汁につけ、玉ねぎも加えます。

*マリネにする時は肴を揚げ過ぎるくらいに良く揚げたほうがおいしいですよ。

⑤器にキャベツうを敷いて④を盛り、パセリを振ったら出来上がり!!

ハムやサーモンのマリネは良くありますが、漬け汁やドレッシングさえ覚えておけばあまったフライや野菜を使ってさっぱりメニューが広がりますよ。

●ハンバーグパイ

材料・・・A{牛ひき肉400g、玉ねぎ1個、サラダ油大1、食パン1枚、牛乳カップ1/3、卵1個、塩小1、ナツメグ・オールスパイス各少々}、強力粉100g、薄力粉50g、バター90g、水大3~3.5、塩少々、卵黄イ湖、水小1

①Aの材料でハンバーグの生地を作り4つにまとめて焼いておきます。

②パイ生地を作ります。強力粉と薄力粉はふるいにかけて合わせ、さいの目に切った硬いバターを加えてで揉み混ぜ、塩少々を入れた冷水を加え一つにまとめ、ふきんにつつんで冷やします。

③打ち粉をふった台に置き、めん棒で長方形に延ばし三つ折りにして、抜きを代えてまた三つの折り、延ばします。これを数回繰り返し3cm厚さに延ばし、①のハンバーグを包み、水溶きの卵黄を塗り、空気穴を開けて100度のオーブンで30分ほど焼き上げます。

 パイ生地が面倒な市販のパイ生地でもいいのではないでしょうか。

●ラムの赤ワイン煮込み

材料・・・ラムの骨付き肩肉(2cm厚さのもの)④切れ、塩小1.5、黒こしょうう粉1/2、ローリエ1枚、赤ワインカップ1、トマトペースト大1、小玉ねぎ8個、ミックスベジタブル300g、固形スープの素1個、バター大2

①ラムは塩・こしょうを刷り込み形を整え、たこ糸でしばります。

②ふたの出来る厚手の深鍋にサラダ油を熱し、①を入れて両面強火で焼き、玉ねぎにみじん切りとローリエを加えてピッタリふたをし弱火で30分蒸し煮にします。

③赤ワインでトマトペーストを溶いて②に回しかけ、再びふたをしてさらに30分煮ます。

④肉の糸をはずし、小玉ねぎ、ゆでたミックスベジタブル、砕いた固形スープの素、ひたひたの熱湯とバターっをおき、200度のオーブンの下段で15分焼きます。

●トンナート

 ツナのソースをかけたごちそうです。

材料・・・豚肉(赤身のかたまり)400g、塩小2、サラダ油小2、ツナ1/2缶、アンチョビ2尾、マヨネーズカップ3/4、レモン汁1/2個、ウスターソース少々、ブランディ・塩各少々、ケイパー20個

①豚肉は形を整えたこ糸でしばり、塩を振ってよくすりこみます。

②耐熱器に①を入れ油をふり、、中火のオーブンの中段に入れて30~40分焼きます。

③ツナソースを作ります。缶から出したツナとアンチョビは裏ごししてマヨネーズと混ぜ合わせ、さらにレモン汁、ウスターソース、ブランディを加えてよく混ぜ合わせます。塩味が足りない時は塩少々で調味します。

④②の肉が焼きあがったら、オーブンから出し、暫くさましてから、薄くきります。

⑤皿に盛り③のソースを上からかけてケイパーを散らせば出来上がりです。

*豚肉の臭いの気になる方は塩・こしょうをすりこんだり、にんにくの切り口で表面をこするなどがよいようですよ。

●セサミチキン・ハニーディップ

 変わりフライドチキンです。

材料・・・じゃがいも3個、鶏手馬肉2枚、小麦粉大3、A{マヨネーズカップ1/2、ガーリックパウダー小1/2、塩小1/2、粉末マスタード小1}、B{パン粉カップ3/4、白ごまカップ1/4、}、揚げ油適量、C{マヨネーズカップ1/2、パセリのみじん切り大1、カイエンヌペパー小1、
蜂蜜大2}

①じゃがいもは7mm角の棒状に切り、冷水に1時間さらします。ピンとなって余分なでんぷんがとれたらざるにあげ水気を切っておきます。

②鶏肉は皮を取り除き、2cm角に切って小麦粉をふってよく絡ませ、Aをよく混ぜ合わせた中に加えて手でもみこみます。さらにBをあわせた中に1個ずつ落として衣を着けていきます。

③Cの材料をボールに入れてよく混ぜてハニーディップを作ります。

④揚げ油を熱してよくふき取ったポテトをいため煮するように透き通るまで揚げます。

⑤油の温度をやや高めにして②の鶏肉を入れきつね色になるまで揚げ、油を切ります。

⑥器に④と⑤を盛り合わせ③のハニーディップを添えます。

●コールドサーモンサラダ

サラダというより魚料理!?

材料・・・(4人分)生さけ4切れ、A{玉ねぎ・にんじん各少々、酢小2}じゃがいも4個、玉ねぎ1個、きゅうり1本、フレンチドレッシング、レタス・パセリ各少々、B{サラダ油大3、酢大2、塩小2/3、こしょう少々}、生クリーム大2

①さけは塩・こしょうし、ひたひたの水にAの薄切りのたまねぎとにんじん、酢を加え、蓋をした10分くらい蒸し煮にします。そのまま冷まして皮を丁寧にとります。

②玉ねぎは薄切りにし、軽く塩をふって15分おき、ふきんにつつんで水で洗い絞ります。きゅうりも皮をむいて薄切りにし、塩水につけてしんなりさせ、水気をしぼります。

③じゃがいもは皮つきのまま、まるごとゆでて、あついうちに皮をむき、5~6mmの小口切りにしてフレンチドレッシングをかけて②と混ぜ合わせます。

④Bに生クリームを加え混ぜます。

⑤器にさけとポテトを盛り、④のソースをさけにたっぷりかけ、横のじゃがいもトマト、パセリを添えます。

ポテトは普通のポテトサラダでもいいですが今回はサラダなので酸味を効かせたフ連理ドレッシングはさけに合いますよ。

●鶏肉のエストラゴン風味煮込み

材料・・・(4人分)鶏骨付きもも肉4本、塩小1、タイム小1/4、レモンの輪切り2枚、バター大4、白ワインカップ1/2、玉ねぎ1/2個、エストラゴンの酢づけの葉先大1、パセリのみじん切り大1、あさつきのみじん切り大2、生クリーム・牛乳各カップ1/2

①鶏肉は関節の裏側から包丁を入れ、2つに切り離し、骨に沿って切り込みを入れます。それに塩・こしょう・タイムをふり、レモンの輪切りをきゅっとしぼってふりかけ、1時間ほどおきます。

②玉ねぎはみじん切り。

③鶏肉の水分をふき取り、厚手の鍋にバターを溶かし、表になるほうから焦がさないように中火でいい色に焼き付けます。焼色がついたら裏返し、同様に焼きます。

④③に城ワインをふりかけ、強火にしてアルコール分を飛ばし、ワインの風味をつけ、ふたをして弱火で10分煮 肉を取り出します。

⑤④の鍋に玉ねぎを加え、透き通るまで炒め、エストラゴン、パセリ、あさをつき色あざやかになるまで炒めます。

⑥火をぐっと弱め、生クリームと牛乳を加え、ひと煮立ちさせて火を止め、保温しておいた鶏肉にかけて出来上がり!!

|

« おつまみ総集編 | トップページ | アマダイの木の芽焼きの献立 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今日のもとてもおいしそうですね。

魚、ツナは好きですね。
ワイン煮はまた特に(^_^;)
いつもおいしそうで栄養もあるし、また少し食べた気に(^_^;)

投稿: KOZOU | 2009年12月24日 (木) 09時00分

KOZOUさん、いつも義理堅く来てくださってありがとうございます。前にも書いたと思いますが、このサイトは今年で終わらせたいと思います。2つのサイトをやるのは、かなり時間的に無理なので・・・ネタも切れていましたし(苦)。今までありがとうございました。

投稿: とこ | 2009年12月25日 (金) 07時27分

こんにちわ。

ひとりごはん・ふたりごはん今年で終わられるのですね。
長い間大変お疲れ様でした。やはり二つ同時はきついですよね。

投稿: KOZOU | 2009年12月27日 (日) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1065757/32716366

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス特集③:

« おつまみ総集編 | トップページ | アマダイの木の芽焼きの献立 »