« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

アマダイの木の芽焼きの献立

●アマダイの木の芽焼き

材料・・・アマダイ4切れ、しょうゆ大2、みりん大1.5、木の芽8~10枚

①しょうゆとみりんを合わせて魚を30分つけます。

②焼き網を熱し、魚の漬け汁をきってもせ、両面を焼きます。漬け汁を少し煮詰めて焼き上がりに塗ります。

③魚に木の芽を1枚のせ、残りは刻んで散らします。

●じゃがいもの白煮

材料・・・じゃがいも320g、グリンピース40g、だし2カップ、塩小1

①じゃがいもは3cm角に切って面取りをし、水につけてアクを抜きます。

②鍋にだしとじゃがいもを入れて10分煮、塩を加えてさらに柔らかくなるまで煮てグリンピースを散らして火を止めます。

●えびときゅうりの甘酢和え

材料・・・芝えび80g、きゅうり80g、きくらげ4g、木綿豆腐320g、白ごま大2、砂糖大1.4、酢大2強、塩小1

①えびは背ワタを抜き、ゆでて殻をむきます。

②きゅうりは3cm長さの短冊切りにし、塩少量をふってしんなりさせ、水気を絞ります。きくらげはもどしてサッとゆで、細く切ります。

③豆腐はゆでてふきんに包み、200gになるまで水気を絞ります。

④ごまは香ばしく煎ってすり鉢ですりつぶし、豆腐と調味料を加えよくすり混ぜて滑らかに仕上げ、①②を加えて和えます。

●ほうれん草のお浸し

材料・・・ほうれん草240g、えのきだけ80g、しょうゆ大1強、だし大1.3、糸がきかつお少量

①ほうれん草はゆでて水にとります。揃えて3cm長さに切り、水気を絞ります。

②えのきだけは3cm長さに切り、だしで煮ます。

③しょうゆとだしを合わせほうれん草と絵に木だけを和えます。器に盛り、糸がきかつおをのせます。             

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

クリスマス特集③

●白身魚のマリネ

 白身魚は冷凍物でもOKです。

材料・・・(4人分)白身魚5切れ、たまねぎ1/6個、パセリ少々、キャベツ3枚

漬け汁・・・酢大3、油大2.5、塩小1/2、こしょう少々

①白身魚は食べやすい大きさの削ぎ切りにし、塩・こしょうします。

②玉ねぎはみじん切りにして水にさらし、付近につつみ水気を切ります。

③パセリはみじん切り、キャベツは千切り。

④揚げ油を中温に熱して①をからっと揚げ、漬け汁につけ、玉ねぎも加えます。

*マリネにする時は肴を揚げ過ぎるくらいに良く揚げたほうがおいしいですよ。

⑤器にキャベツうを敷いて④を盛り、パセリを振ったら出来上がり!!

ハムやサーモンのマリネは良くありますが、漬け汁やドレッシングさえ覚えておけばあまったフライや野菜を使ってさっぱりメニューが広がりますよ。

●ハンバーグパイ

材料・・・A{牛ひき肉400g、玉ねぎ1個、サラダ油大1、食パン1枚、牛乳カップ1/3、卵1個、塩小1、ナツメグ・オールスパイス各少々}、強力粉100g、薄力粉50g、バター90g、水大3~3.5、塩少々、卵黄イ湖、水小1

①Aの材料でハンバーグの生地を作り4つにまとめて焼いておきます。

②パイ生地を作ります。強力粉と薄力粉はふるいにかけて合わせ、さいの目に切った硬いバターを加えてで揉み混ぜ、塩少々を入れた冷水を加え一つにまとめ、ふきんにつつんで冷やします。

③打ち粉をふった台に置き、めん棒で長方形に延ばし三つ折りにして、抜きを代えてまた三つの折り、延ばします。これを数回繰り返し3cm厚さに延ばし、①のハンバーグを包み、水溶きの卵黄を塗り、空気穴を開けて100度のオーブンで30分ほど焼き上げます。

 パイ生地が面倒な市販のパイ生地でもいいのではないでしょうか。

●ラムの赤ワイン煮込み

材料・・・ラムの骨付き肩肉(2cm厚さのもの)④切れ、塩小1.5、黒こしょうう粉1/2、ローリエ1枚、赤ワインカップ1、トマトペースト大1、小玉ねぎ8個、ミックスベジタブル300g、固形スープの素1個、バター大2

①ラムは塩・こしょうを刷り込み形を整え、たこ糸でしばります。

②ふたの出来る厚手の深鍋にサラダ油を熱し、①を入れて両面強火で焼き、玉ねぎにみじん切りとローリエを加えてピッタリふたをし弱火で30分蒸し煮にします。

③赤ワインでトマトペーストを溶いて②に回しかけ、再びふたをしてさらに30分煮ます。

④肉の糸をはずし、小玉ねぎ、ゆでたミックスベジタブル、砕いた固形スープの素、ひたひたの熱湯とバターっをおき、200度のオーブンの下段で15分焼きます。

●トンナート

 ツナのソースをかけたごちそうです。

材料・・・豚肉(赤身のかたまり)400g、塩小2、サラダ油小2、ツナ1/2缶、アンチョビ2尾、マヨネーズカップ3/4、レモン汁1/2個、ウスターソース少々、ブランディ・塩各少々、ケイパー20個

①豚肉は形を整えたこ糸でしばり、塩を振ってよくすりこみます。

②耐熱器に①を入れ油をふり、、中火のオーブンの中段に入れて30~40分焼きます。

③ツナソースを作ります。缶から出したツナとアンチョビは裏ごししてマヨネーズと混ぜ合わせ、さらにレモン汁、ウスターソース、ブランディを加えてよく混ぜ合わせます。塩味が足りない時は塩少々で調味します。

④②の肉が焼きあがったら、オーブンから出し、暫くさましてから、薄くきります。

⑤皿に盛り③のソースを上からかけてケイパーを散らせば出来上がりです。

*豚肉の臭いの気になる方は塩・こしょうをすりこんだり、にんにくの切り口で表面をこするなどがよいようですよ。

●セサミチキン・ハニーディップ

 変わりフライドチキンです。

材料・・・じゃがいも3個、鶏手馬肉2枚、小麦粉大3、A{マヨネーズカップ1/2、ガーリックパウダー小1/2、塩小1/2、粉末マスタード小1}、B{パン粉カップ3/4、白ごまカップ1/4、}、揚げ油適量、C{マヨネーズカップ1/2、パセリのみじん切り大1、カイエンヌペパー小1、
蜂蜜大2}

①じゃがいもは7mm角の棒状に切り、冷水に1時間さらします。ピンとなって余分なでんぷんがとれたらざるにあげ水気を切っておきます。

②鶏肉は皮を取り除き、2cm角に切って小麦粉をふってよく絡ませ、Aをよく混ぜ合わせた中に加えて手でもみこみます。さらにBをあわせた中に1個ずつ落として衣を着けていきます。

③Cの材料をボールに入れてよく混ぜてハニーディップを作ります。

④揚げ油を熱してよくふき取ったポテトをいため煮するように透き通るまで揚げます。

⑤油の温度をやや高めにして②の鶏肉を入れきつね色になるまで揚げ、油を切ります。

⑥器に④と⑤を盛り合わせ③のハニーディップを添えます。

●コールドサーモンサラダ

サラダというより魚料理!?

材料・・・(4人分)生さけ4切れ、A{玉ねぎ・にんじん各少々、酢小2}じゃがいも4個、玉ねぎ1個、きゅうり1本、フレンチドレッシング、レタス・パセリ各少々、B{サラダ油大3、酢大2、塩小2/3、こしょう少々}、生クリーム大2

①さけは塩・こしょうし、ひたひたの水にAの薄切りのたまねぎとにんじん、酢を加え、蓋をした10分くらい蒸し煮にします。そのまま冷まして皮を丁寧にとります。

②玉ねぎは薄切りにし、軽く塩をふって15分おき、ふきんにつつんで水で洗い絞ります。きゅうりも皮をむいて薄切りにし、塩水につけてしんなりさせ、水気をしぼります。

③じゃがいもは皮つきのまま、まるごとゆでて、あついうちに皮をむき、5~6mmの小口切りにしてフレンチドレッシングをかけて②と混ぜ合わせます。

④Bに生クリームを加え混ぜます。

⑤器にさけとポテトを盛り、④のソースをさけにたっぷりかけ、横のじゃがいもトマト、パセリを添えます。

ポテトは普通のポテトサラダでもいいですが今回はサラダなので酸味を効かせたフ連理ドレッシングはさけに合いますよ。

●鶏肉のエストラゴン風味煮込み

材料・・・(4人分)鶏骨付きもも肉4本、塩小1、タイム小1/4、レモンの輪切り2枚、バター大4、白ワインカップ1/2、玉ねぎ1/2個、エストラゴンの酢づけの葉先大1、パセリのみじん切り大1、あさつきのみじん切り大2、生クリーム・牛乳各カップ1/2

①鶏肉は関節の裏側から包丁を入れ、2つに切り離し、骨に沿って切り込みを入れます。それに塩・こしょう・タイムをふり、レモンの輪切りをきゅっとしぼってふりかけ、1時間ほどおきます。

②玉ねぎはみじん切り。

③鶏肉の水分をふき取り、厚手の鍋にバターを溶かし、表になるほうから焦がさないように中火でいい色に焼き付けます。焼色がついたら裏返し、同様に焼きます。

④③に城ワインをふりかけ、強火にしてアルコール分を飛ばし、ワインの風味をつけ、ふたをして弱火で10分煮 肉を取り出します。

⑤④の鍋に玉ねぎを加え、透き通るまで炒め、エストラゴン、パセリ、あさをつき色あざやかになるまで炒めます。

⑥火をぐっと弱め、生クリームと牛乳を加え、ひと煮立ちさせて火を止め、保温しておいた鶏肉にかけて出来上がり!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

おつまみ総集編

●しいたけのにんにくしそ風味

①生しいたけ大5~6個は軸を取り、大きめのそぎ切りにします。

②にんにく1片は薄切りにしさっと水にくぐらせ、水気を切ります。

③フライパンにサラダ油大2を熱し、にんにくをこがさないように炒めます。香りが出てきたらしいたけを入れて痛め、塩・こしょうし、
火を止め、青じその葉うを混ぜ込んでお皿に盛ります。       Rock187

●たけのこと漬け菜の炒め物

①ゆでたけのこ150gは短冊切りにします。

②漬け菜(野沢菜、高菜など)100gはよく洗い、2cm長さに切ります。

③ピーマンは3~4個ヘタと種を、縦の1cm幅に切ります。

④ごま油大1を熱し、豚ひき肉100g、しょうがのみじん切り粉2を炒め、しょうゆ・酒各大1をで調味します。

⑤別鍋にごま油大1を熱し、①から③を炒め、ひき肉を加え混ぜ、煎りごま(白)をふります。

●いりどうふ

①木綿豆腐2丁は熱湯に崩し入れて1分ゆで、ふきんにとって水気をきります。

②さやえんどう3~4枚さっと塩ゆでし、細切りにします。

③ごま油大4を熱し、豆腐を入れてよく炒め、釜飯の素(市販のもの)を3人分加え汁気がなくなるまでいり煮にします。

④仕上がりに②を加え手早く混ぜ合わせます。好みで唐辛子の輪切りをふり、出来上がりです。

●焼きねぎとあぶらあげの和え物

①ねぎ2本は5cm長さに切り、網焼きして、熱いうちに塩少々を振ります。

②あぶらあげ1枚はぱりっとするくらいに網焼きし、縦半分に切ってから1cm幅に切ります。

③しょうゆ・酢・だし汁各大2、ごな油粉1を混ぜ、①と②を和えます。

*熱いうちにあえたほうが味がしみますよ。

●かぼちゃのうすくず煮

①かぼちゃ100gは種とわたを取り除き、幅3cm、長さ5cmぐらいに切って面取りし、中温の油で揚げます。(あとで煮るのでかたくてもいいです)

②鍋に①を入れてだし汁1.5カップ、薄口しょうゆ・酒各大1、塩少々、みりん大2を加えて煮含め、水溶き片栗粉でとろみをつけます。青じその葉のせん切り少々を散らします。

●絹さやと豚肉の炒めとじ

①さやえんどう100gは筋を取り、塩少々を加えた熱湯でサッとゆで冷水に取り水気をきって斜め2つに切ります。

②豚薄切り肉150gは5cm長さに切ります。

③フライパンにサラダ油大1.5を熱し、豚肉を炒めます。肉の色が変ったらだし汁1/2カップ、酒・しょうゆ各大2を加えて煮ます。

④豚肉に火が通ったら①を散らし、卵2個を溶きほぐして、全体に流し半熟程度で火を止めます。

●山いもともずくの酢のもの

①山芋300gは皮をむいて一口大の乱切りにし、酢水に放ってから水気を切ります。

②もずく40gは水につけて塩抜きをし、ざるにとって水気をきります。

③山いもともずくを合わせ、レモン汁1個分うをしぼりかけ、しょうゆ・だし汁各大1を加えてサッと混ぜ合わせます。

●玉ねぎとピーマンのかき揚げ

①玉ねぎ1個は1cm角に切ります。

②ピーマン2個は縦2つに切り種を取り、1cm角に切ります。

③卵1個を冷水1/2カップで溶き延ばし、小麦粉1カップを加えサックリと混ぜ、衣を作ります。

④たまねぎ、ピーマン、桜えび20gを衣に加え軽く混ぜます。

⑤揚げ油を中温に、熱し④を玉じゃくしで適量ずつ入れてカラリと揚げます。天つゆか塩とレモンを添えます。

●牛肉の南蛮味噌焼き

材料・・・牛赤身肉の薄切り8枚、青じそ16枚、A{味噌大2、七味唐辛子少々}、サラダ油大1、エシャロット・すだち適量

①牛肉は縦長におき、1枚に青じそ2枚を横にして並べます。

②Aを混ぜたものを塗り、手前から巻きます。

③巻き終わりを下にしてサラダ油を熱したフライパンに入れくっついたら転がしながら焼きます。

④器に盛り、エシャロットとすだちを添えます。

●ベーコンの山菜いり煮

材料・・・ベーコン100g、にんじん50g、水煮のわらび1わ、ふき20cm3本、姫たけのこ6本、A{酒大2、しょうゆ大1.5}

①ベーコンは食べやすい大きさに切り、にんじんは小ぶりの拍子木に切り、わらびは3cm長さ、ふき・姫たけのこは斜め切りにします。

②鍋にサラダ油大1/2を熱し、ベーコンを炒めます。脂が出たらにんじんを炒め、しんなりしてきたところに他の材料を加えてサッと炒め、Aで調味します。鍋底の広い鍋がいいでしょう。

●かまぼこのしそがらめ
    たくあんの塩味だけで頂く簡単な和え物です。

①かまぼこ1/2本は板からはずし、5mm厚さに切り、長いせん切りにします。

②たくあん10cmは5cm長さのせん切り、青じそ10枚は縦半分に切り縦に巻いてせん切りににし、水にはなしてアクを抜きます。

③紅しょうが少々はあられ切りにし、材料を全部合わせてレモン汁を少々絞って和えます。

●玉ねぎのバター焼き

①玉ねぎ大2個はいcm厚さの輪切りにし、楊枝でとめます。

②フライパンに油大2を熱し、玉ねぎの両面を色よく焼き、器に盛り、オイルサーディンを1尾ずつ、大根おろし、せん切りのおろししょうがと小口切りのあさつきを適量のせ、レモンとしょうゆでいただきます。
       *新玉ねぎなら生でもおいしいので焼き過ぎなくてもおいしいですよ。

●ほうれん草の肉じょうゆあえ

材料・・・ほうれん草250g、塩少々、肉じょうゆ{牛薄切り肉100g、ごま油大1、おろしにんにく・一味唐辛子各少々、酒大1.5、しょうゆ大1.5}いりごま適量

①ほうれん草は塩少々を加えた熱湯で歯ごたえが残る程度にゆで、冷水にとって水気を絞り、4cm長さに切ります。

②肉じょうゆを作ります。牛肉は細切りにし、ごま油でほぐすように炒めて、にんにくと一味唐辛子を絡め、酒としょうゆを加えて煮立ったらボールに移します。

③肉のあら熱がとれたらほうれん草を加えてで軽くもみあわせます。

④器の持ってごまをふります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

雑炊3種

●かき雑炊
    かきの持ち味を生かしました。

材料・・・ご飯カップ3、かき(小粒のもの)200g、なめこカップ1、せり1/2束、海苔1枚、だし昆布15cm、しょうが1片、塩小1、しょうゆ大1

①かきはざるに入れて塩水を張ったボールにつけてふり洗いし、水気を切っておきます。

②なめことごはんはそれぞれサッと洗って粘りを取ります。

③せりは小口から刻み、海苔は火にあぶってから乾いたふきんに包んでもみ、細かいもみ海苔にします。

④鍋に水カップ6と切れ目を入れた昆布を入れ、薄切りにしたしょうがを加えてしばらくおいてから火にかけます。煮立つ直前に昆布を取り出し、煮立ってきたら泡をすくい取って塩としょうゆを加え、かきを入れ、膨らんできたら手早く取り出し、煮汁はこします。

⑤こした煮汁を土鍋に入れて火にかけ、②のごはんとなめこを入れ最後にかきを加えてひと煮し、しょうゆを少々落して③のもみ海苔を散らします。

●南蛮風雑炊
    ごま油を落とした若者向きの雑炊ですね

材料・・・ご飯お茶碗3~4杯、牛こま切れ肉100G、酒大3、にら1/2束、塩・こしょう・ごま油各少々、白ごま大1取りの水炊きの汁、だし各適宜

①ごはんはざるに入れて水洗いし、粘りを取り除きます。

②にらは3cmのざく切りにし、白ごまは香ばしく煎っておきます。

③取りの水炊きをした後の汁を残してだし汁または水を足して8~9カップ用意します。そこへ牛肉とお酒を入れて浮いてくるアクを取りながら弱火で30分煮ます。そして塩・こしょうで味を整え、①のごはんを入れ、かき混ぜずに静かに煮ます。ごはんがひと煮立ちしたら
②のにらを加え白ごまを入れ、ごま油少々を落として火を止めます。

○鶏の水炊き
    上記の南蛮風雑炊のもとになる料理です。

材料・・・鶏もも肉2本、鶏ガラ1羽分、白菜6~8枚、ほうれん草1/3束、にんじん1/2本、豆腐1丁、春雨1/2袋、ねぎ1本、しいたけ8枚、白髪ねぎ・もみじおろし・ぽん酢各適宜

①鶏ガラは洗ってぶつ切りにし、水カップ6を火にかけ、アクを取りながら20~30分煮込み、スープを取ります。

②鶏もも肉をぶつ切りにします。

③白菜、ほうれん草は塩ゆでし、にんじんはは5cm角の棒に切って固めにゆでます。にんじん3~4とほうれん草を芯に白菜巻きを作り、4~
5cm長さに切ります。

④豆腐は一口大に切り、ねぎは7~8cm長さに切って飾り切り、春雨は水に戻しておきます。

⑤土鍋に①のスープと②の鶏肉を入れて中火にかけ、30分アクをとりながら煮て、白菜や豆腐、しいたけなどの材料を加えて煮ます。

⑥ポン酢と薬味で頂きます。

●洋風雑炊
   リゾットに近いでしょうか・・・

材料・・・ごはん(お茶碗)4杯、しゃぶしゃぶのスープカップ10、固形コンソメ1個、小えび100g、完熟トマト小1個、塩・こしょう・サフラン各少々、バター大1あさつき少々

①ごはんは洗ってねばりを取ります。                 Rock032

②トマトは湯むきして種を取り、荒いみじん切りにします。

③小えびは背ワタを取り、殻をむいておきます。

④あさつきは小口切りにしておきます。

⑤しゃぶしゃぶをした残りのスープに固形コンソメを加えて溶かし、塩・こしょうで味を整え、サフランの水溶きを加えます。②のトマトを加えて7~8分煮てから③のえびと①のごはんを入れてひと煮立ちさせます。

⑥火を止めバターを溶かし、あさつきを散らします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

朝食~凍り豆腐とあさりの含め煮の献立

●凍り豆腐とあさりの含め煮

材料・・・凍り豆腐2枚、あさり80g、玉ねぎ120g、にんじ80g、さやえんどう40g、だし1カップ、塩小0.25、しょうゆ大1、みりん大1

①凍り豆腐はバットに入れてお湯をかけ、落し蓋をしてしばらくおき柔らかく戻します。水を替えながら白っぽい水が出なくなるまで押しながら洗い、水気を絞って5cm角に切ります。

②あさりはざるにいれ塩水の中で振り洗いします。

③玉ねぎはくし形に切り、にんじんは花型で抜きます。

④だしと調味料を合わせて煮立てあさりをサッとにて取り出します。凍り豆腐、玉ねぎ、にんじんを加えて柔らかく煮含め、あさりをもどします。

⑤器に盛ってゆでたさやえんどうを添えます。

●キャベツのごま和え

材料・・・キャベツ160g、生わかめ80g、A{白ごま大1.5、酢大1.8、砂糖大1、しょうゆ小2

①キャベツは芯の硬い部分を除いて、さっとゆで、ざく切りにします。

②わかめは水に少しつけてもどし、水気を絞って食べやすい大きさに切ります。

③ごまは香ばしく煎ってすり張りですり、酢・砂糖・しょうゆを加えてすり混ぜます。

④キャベツとわかめを③のごま酢で和えます。

●もやしとしいたけのお味噌汁

材料・・・もやし80g、生しいたけ40g、だし3カップ、味噌大2.6

①もやしは根を除いてサッと洗い水気をきります。しいたけは軸を除いて細切りにします。

②だしを煮立ててもやしとしいたけを加えサッと煮ます。味噌をだしで溶いて加え一煮立ちしたら火を止めます。

●みかんのヨーグルト和え

材料・・・みかん(缶詰)400g、プレーンヨーグルト400g

①みかんは汁気をきってプレーンヨーグルトであえ器に盛ります。冬は生のみかんでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

鶏肉とぎんなんの炒めものの献立

●鶏肉とぎんなんの炒めもの
      

材料・・・鶏ささみ300g、ぎんなん30個、干ししいたけ4枚、しょうが汁少々、卵白①/2個分、片栗粉大1、油大4

①ささみは1.5cm角に切ってしょうが汁、酒大1をふっておきます。

②しいたけは水につけてもどし、(1枚は和え物、漬け汁はスープに)1cm角切りにします。

③ぎんなんは殻をとって塩ゆでし薄皮をむきます。

④ささみに卵白と片栗粉を絡め、150度の油でサッと揚げます。

⑤分量の油で②、③の順に炒めてささみを入れ酒大1、塩小1.5、砂糖小1、しょうゆ小1/2で調味します。

●春菊の和え物

材料・・・春菊2束、固形コンソメ1個、干ししいたけ1枚、たけのこ50g、ごま油小1、パセリ適宜

①固形コンソメは水カップ3/4で溶いてスープを作ります。

②春菊は塩ゆでにしてえ水にとり、絞って細かく刻み、スープ大2を混ぜて器に盛ります。

③残りのスープ塩小1/4でもどしたしいたけ、たけのこの薄切り煮てそれぞれみじん切りにして春菊の上に散らし、しょうゆ大1、塩・砂糖各小1/2、ごま油小1をかけてパセリを散らします。

●ハムときゅうりの卵スープ

材料・・・きゅうり1/2本、しいたけの漬け汁、ハム2枚、卵1個

きゅうりは小口切りにして油大1でサッと炒め、しいたけの漬け汁と水とでカップ4固形コンソメ2個を砕いて加え煮立ったら酒大1、ハムの1cm角切りを入れて塩と胡椒で味を整え、片栗粉大1の水溶きでとろみをつけ、仕上げに卵1個と炒め物の残りをほぐして混ぜながら流し込みます。

●さつまいものモンブラン

材料・・・さつまいも500g、焼きみょうばん小1、バター・ブランディ・バニラエッセンス各適宜、生クリームカップ1/2

①さつまいもは2cm厚さの輪切りにして皮をむき、水にさらしてアクRock029 抜きをし、焼きみょうばん小1を加えた水でサッとゆで、水を代えてひたひたにし、柔らかく煮てバター大2、ブランディ大1、塩一つまみ、砂糖カップ3/4を入れ汁気が無くなるまで煮ます。

②さつまいもが冷めたらバニラエッセンス小1/2を混ぜて裏ごしし、つぶさないように器に盛り、あれば甘栗5~6個を回りに押してのせま
す。

③生クリームは冷やして砂糖大2~3を加え、泡だてて②の上に絞り出します。

  *お菓子作りの苦手な私でも簡単にできましたよ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

外食カロリーを覚えよう!!

●天ぷらそば・・・470kcal
一見、栄養のバランスがいいように見えますが、タンパク源も野菜もわずかです。エネルギーはそばの分264kcal、残りの具の分で衣が厚くなるほど吸油量が増してさらに高エネルギーになります。

●山菜そば・・・431kcal
そばにとろろとうずらの卵が添えてありますが、タンパク質もビタミン類もざるそばより少し増える程度。栄養価が高いとはいえません。こういう素そばにCabb003 近い一品の時には食後に牛乳やヨーグルト、豆乳などを加えましょう。

●鍋焼きうどん・・・518kcal
そば類の名じかでは栄養価が高く、野菜は不足しがちですが、卵や鶏肉など良質タンパク質が豊富です。ただ、塩分が高いのが難点。血圧の高い方は敬遠すべきでしょう。

●鶏南蛮・・・387kcal
野菜は不十分ですが、鶏肉で動物性タンパク質が少しは補給できます。天ぷらそばやカレーうどんより低エネルギーで減量中の方のも安心です。ただ足りない野菜は他の食事で補って下さい。

●そうめん・・・539kcal
麺の量が多いのでエネルギーが意外と高めです。えいようは糖質に偏っている為、減量中の方は控えたほうがよさそうです。

●焼き魚定食・・・480kcal
和定食は食品の偏りが比較的少なく、単品の組み合わせの為、エネルギーや塩分の調整がし易いのが利点。塩分調整は漬物や汁物で。
魚はサケや干物だとそれ自体に塩分があるので、野菜などを追加注文しましょう。

●刺身定食・・・594kcal
減塩中の方にもおすすめのメニューです。エネルギー摂取はご飯の量で。塩分はおしょうゆを控えめにし、漬物と汁物を残せば低く抑えられます。

●しょうが焼き定食・・・926kcal
脂身を多く使っているところが多いようです。エネルギーを下げたい方やコレステロールの高い方は脂身じを極力残し、ご飯も減らします。定食物も野菜は不足がち。添え野菜は全部食べましょう。ポテトサラダやマカロニサラダは高エネルギーなのでご注意!!

●カツ丼定食・・・752kcal
カツは脂身の多いロース肉に厚い衣をつけてあげるものが殆どです。それが山盛りのご飯にのっているのですからエネルギーは高くて当然です。またたっぷりかかった甘辛い煮汁に加えて漬物と汁物となれば塩分過多も必至。健康でもごくたまにしたいものです。

●サケ茶漬け・・・325kcal
お茶漬けのエネルギーは他と比べれば低めですが、お酒の後の夜食となれば要注意です。お茶漬けはサケでなくても皆同じくらいの塩分を含んでいます。肥満や高血圧の原因になります。

●握りずし・・・490kcal
タンパク質は豊富ですが、野菜は大幅に不足。ネタにトロ、ハマチなど高脂肪の魚が多いほどエネルギーじは高くなります。すし飯には塩が使われているのでおしょうゆは控えめに。

●ハンバーグ定食・・・893kcal
外食店で用いるひき肉は一般に高脂肪です。加えて付け合せもスープも油の量が多い為全田尾のエネルギーはぐんと高め。半ライスにし、パスタ類を残せば200~250kcal減らせます。コレステロールの高い方は回数を減らしましょう。

●フライ定食・・・993kcal
フライは店によっては材料が貧弱で衣ばかり厚いことが多く、そうでなくても高エネルギーの料理です。健康な人でも衣を一部残したり、タルタルソースを控えて油およびエネルギーの摂りすぎを防ぎたいものです。付け合せも高エネルギーです。

●ビーフカレー・・・760kcal
カレーは一般的なものも、本格的なものも油やバターが多量に入っています。魚介や野菜など低エネルギーの具を選んでもエネルギーは高いもの。摂取量を抑えるにはご飯とカレーを残すことです。ソースを残せば多少減塩もできます。

●ピラフ・・・681kcal
油脂が予想外に使われており、具はわずかで糖質と脂質に偏った高エネルギー料理です。肉や魚介入りのサラダを加えましょう。ドレッシングのかけ過ぎにも要注意!!

●スパゲティ・ミートソース・・・660kcal
高脂肪のひき肉を使ってあるので、高エネルギーです。麺字体400kcal前後です。炒めてあるので、油がエネルギーに変わります。エネルギーを下げるのならスパゲティを残してビタミン補給に野菜サラダやトマトジュースを添えましょう。

●ビビンバ・・・570kcal
野菜不足になりがちな方に最適の料理で、ビタミンAやC、食物繊維などがかなり獲れます。ですが、タンパク質は不十分。食後に牛乳1本を。

●ハンバーガー・・・255kcal
サンドされているハンバーグの材料はひき肉で重量も少なく、良質タンパク質が充分に摂れません。野菜も不足。エネルギーが低いだけで選んでは片手落ちになります。チーズバーガーにしたり、牛乳1本プラスしてください。サラダも添えればバランスも良くなります。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2009年12月14日 (月)

クリスマス特集②

 パーティ用というかお酒を飲みながら食べられる料理です。今まで書いてきた総集編です。

●なすの白ワイン蒸し

材料・・・なす小8個、ピーマン4個、トマト小1.5個、玉ねぎ小1個、A{白ワインカップ1.5、カレー粉ひとつまみ、ローリエ1枚、塩小1/2、サラダ油大4}パセリのみじん切り少々

①なすは皮をむいて縦に4つ切れ目を入れ、水にさらします。

②ピーマンはヘタと種を取って4つ割り、トマトは半分に切ってから16枚に薄く切ります。玉ねぎも薄く切ります。

③①のなすの切れ目にピーマンとトマトを交互に入れ鍋に並べ、たまねぎとAの調味料を加えアルミ箔で蓋をして、強火のオーブンで30分蒸し焼きにします。

④器に盛り、パセリをふります。

●じゃがいももカラビニエーリ風サラダ

 香りのドレッシングで頂きます。

材料・・・じゃがいも4個、ピーマン1個、ピメント(缶詰)1個、ゆで卵1個、A{サラダ油大6、レモン汁1個分、バジリコ少々}アンチョビ2尾

①じゃがいもは丸のままゆで、皮をむいて1cmくらいの輪切りにします。

②ピーマンは網の上で焼いて水洗いし、種と薄皮を取り、細切りにします。

③ピメントも細切りにし、水気を切っておきます。

④ゆで卵は裏ごしします。

⑤Aの調味料とすりおろしたアンチョビをっを合わせてドレッシングを作ります。

⑥器に①を並べ、②と③をのせ、④をあしらい⑥おドレッシングをかけます。

●あじの一口揚げ

  梅肉を塗ってさっぱりさせました。

材料・・・あじ中4尾、梅干3個、のり1/2枚、片栗粉・塩各少々

①梅干は種を取って裏ごしします。

②あじはぜいごをそぎ、頭とワタを取って洗い、水気を拭いてから3枚におろします。骨は薄い塩に漬けます。

③身は表、裏ともにそれぞれ立て横2つに切って皮目を下にしておきます。

④③に①を薄く塗り、もう一枚を上にのせてそれじれ皮目が表になるように合わせます。

⑤のりを1.5cm幅に切り、④を一巻きし、足は水で濡らしつけ、片栗粉をまぶします。

⑥油を170度に熱し、水気を拭いた骨をカラッとから揚げにして塩をふっておきます。

⑦⑥の油を180度に熱し⑤をから揚げにします。

⑧器に⑥の骨せんべいを置き、そばに⑦の一口揚げを並べます。

● コールドチキンハム

 ワイン蒸しにした冷製です

材料・・・鶏もも肉大2枚、A{塩・こしょう・粉ざんしょう各少々、白ワインカップ1/2、ローリエ2枚}小麦粉大2、白菜150g、レモン1/2個、フレンチドレッシングカップ1/4

①鶏肉は皮のほうを下にして、身のほうに包丁の先で叩きながら切り込みを入れておきます。

②ボールにAを入れて混ぜ合わせ、その中に①の鶏肉をいれ1時間以上漬け込んでおきます。

③味がしみ込んだら汁気を軽くふき、表面に小麦粉をまぶし、くるくると巻き、たこ糸でしっかりしばり、形を整え浅皿にのせます。

④蒸気の上がった蒸し器に③をいれ強火で30分間蒸し、完全に冷ましてから薄く切ります。

⑤白菜は短冊切り、レモンは半月切りにします。

⑥中央に白菜、回りに④、レモンを飾りドレッシングを添えます。

●茹で鶏のベルデソース

 暖かなお家で冷たいオードブルはいかが?

材料・・・鶏もも肉と手羽肉(骨抜き、皮付きのもの)各1枚、ねぎ1本、しょうが1片、塩小2/3、酒大2~3

ベルデソース・・・みじん切りにしたパセリ大2、きゅうりのピクルス大3、ケイパー大2、にんにく小1/2、オリーブ油大5、レモン汁大2、酢大2、塩小1、タバスコ少々、ウスターソース小1

①ねぎは2つに切りしょうがはつぶし切りにしておきます。

②鍋に肉がかぶるくらいの水を入れ、手引き湯程度になったら鶏肉を入れ①と塩、酒を加えて強火でゆでます。煮立ってきたら中火にし、アクをすくいながら30~40分ゆでて汁ごと冷まします。

③ベルデソース用の材料を合わせて混ぜます。

④②の鶏肉を薄く切って器に盛り、③のソースをたっぷりかけて出来上がりです!

●バレンシア風ライス

材料・・・(4人分)米カップ2、玉ねぎ60g、バター大2、スープストックカップ2.5、ハムの薄切り2枚、マッシュルーム(缶詰)8個、ピーマン1個、塩小1、酒大2、サフラン小1/3、いか1/2杯、えび8尾、はまぐり(殻つき)小8個、きす2尾、。パセリのみじん切り少々

①お米は洗ってざるにあげ2時間おきます。

②玉ねぎは5mm角に切ります。

③ハム、ピーマンはそれぞれ7mm角、マッシュルームは薄切りにします。いかはワタを抜きかわをはいで輪切りにしきすは3枚におろして
一口大に切り、塩小1/2をふります。

④鍋にバターを大1加えて②を炒め、残りのバターを加えて①っを炒めさらに③と塩小1/2、スープストック、お酒、サフランも加えて炊
き上げます。

⑤④を器に盛りパセリを振れば出来上がりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

クリスマス特集①

 クリスマスはどうお過ごしですか?お父さんが大きなケーキを買って子供たちはお部屋の飾りつけ、そしてお母さんは取っておきのお料理の仕度・・・こんな幸せな日はいつまでも続けたいですね。

●ローストチキン

材料・・・若鶏1羽(1.2~1.3kg)、ベーコン2枚、玉ねぎとにんじんのうす切り各3~4枚、固形コンソメ1個、クレソン適宜、にんじんのバター煮3本分、芽キャベツのソテー200g分

①鶏はワタを取り、中までよく洗い、首を付け根から切って尾のところにある脂つぼも取り、形を整えた濃いとで縛り、皮にフォークで穴を開けて塩・こしょう・酒をふります。

②網を載せた天板にベーコン1枚を敷いて、鶏を横向きにして残りRock006 のベーコンとうす切り野菜をのせ200度のオーブンで15分、裏返してさらに15分焼いて腹を上にし、天板にお酒カップ1/4を入れ170~180度にして20~30分竹串を指して澄んだ汁がでるまで2~3回焼き汁をかけて焼き、火を消したオーブンで保温します。

③②の天板を火にかけ、お湯カップ1、砕いたコンソメ、塩、しょうゆ少々を加えて煮立て、こします。

④鶏の糸を取って足に飾りをし、クレソンを飾り、③のソース、あとの付け合せを添えます。

●ローズマリー風味のポテトソテー

材料・・・(1人分)じゃがいも大1個、ローズマリー小1/3、サラダ油大2、塩・こしょう少々

①じゃがいもは皮つきのままゆでて、よく冷ましておきます。

②冷めたところで皮をむき、1.5~2cmの角切りにします。

③鍋にサラダ油を熱し、ローズマリーをふりいれ、②のじゃがいもを加えて塩・こしょうし、じゃがいもに焦げ目がついたら火を止めま
す。

●かきのグラタン

材料・・・かき400g、ローリエ1枚、マカロニ200g、玉ねぎ1個、おろしチーズ大3

①かきは塩水の中で振り洗いをし、酒大2、ローリエ1枚を煮立てた中でさっといりつけ、汁と分けます。

②ホワイトソースはバターで小麦粉を色づけないように牛乳カップ3を少量ずつ足して延ばし、弱火で15分煮、仕上げにレモン汁を小1加えます。マカロニは熱湯に塩小1を加えた中でゆでて水気をよく切ってサラダ油を絡めておきます。ホワイトソースに①のスープを加えます。

③玉ねぎ1個はみじん切りにしてバター大1で狐色に炒めかき、マカロニの順にさっと炒め合わせ、塩小1、こしょう少々で調味します。

④耐熱皿にバターをぬって③の半量、ソースの1/3、③の残り、ソースの残りを順に平らに入れおろしチーズ大4をふって溶かしバター大1をかけ、あればマッシュポテトを周囲に搾り出し、200度のオーブンで焦げ目をつけます。

●紫キャベツのサラダ

材料・・・紫キャベツ250g、赤砂糖小1、りんご1個、酢大1、フレンチドレッシング1/2カップ、サラダ菜1枚

①キャベツはせん切りにしてすぐ赤砂糖と酢を絡め、りんごもほそ切りにして混ぜ、フレンチドレッシングを和えてサラダ菜を敷いた器に
盛り、玉ねぎの輪切りを少々飾ります。

●ほうれん草の葉のスープ

①ほうれん草400gは葉を摘み、柔らかくゆでて水につけ、絞って刻み、裏ごししてすりばちですります。

②バター大2で玉ねぎ1/4個の薄切り、小麦粉大2の順に炒めてスープ(固形コンソメ2個を溶いたもの)カップ4で延ばし、塩小1を加えて30分煮、牛乳カップ2を入れて一煮し、こして鍋にもどし、①を混ぜて味見をし、塩・こしょうで味を整え、あれば仕上げに生クリーム
1/2カップを入れ器に盛って星型のクルトンを浮かべます。

●アボガドのツナソース詰め

レモンをたっぷりかけて食欲増進。

材料・・・(4人分)アボガド2個、ツナ1缶、マヨネーズカップ2/3、マスタード小1、しょうゆ大1、レモン汁大1、あさつき少々

①ツナは余分な油を捨ててすり鉢に入れて細かくすり、眉ネーズ、玉ねぎのみじん切り、マスタード、しょうゆレモン汁を混ぜあわせます。

②アボガドは縦二つに切り種を取って迫の部分は安定がいいように少し切り落とし、レモン水にさっとつけて水気をふきとります。

③あさつきは小口切りにします。

④②に①を詰め、案をふってレモンを添えて出来上がりです。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

 ~成人病を防ぐ食事④~卵雑炊の朝食の献立

全て4人分です。

●卵雑炊
   血糖値の高い方、高血圧の方、肥満の方に・・・

材料・・・ご飯480g、卵4個、大根120g、にんじん40g、貝割れ菜40g、だしカップ4、塩小1.2、しょうゆ小2

①ご飯はざるに入れて水でもみ洗いしぬめりを取り、水気をよくきります。

②大根、にんじんは3cm長さのせん切りにします。貝割れ菜は根を切り落し、半分に切ります。

③鍋にだしと大根、にんじんを入れて柔らかく煮、ご飯を入れ、塩としょうゆで味をつけます。煮立ったら卵を割りほぐし、回し入れて半熟状に仕上げ、貝割れ菜を散らします。

●里芋とイカの含め煮
    イカやえびはタウリンというコレステロールの上昇を抑える物質を含んでいます。

材料・・・里芋320g、いか120g、さやえんどう10g、だしカップ2、砂糖大2弱、しょうゆ大1.6強、みりん大1.3

①里芋は皮をむき塩もみして洗います。堅めにゆで、水にとってぬめりを洗います。

②イカはワタを抜き、胴を1cm幅の輪切りにします。

③さやえんどうは筋を除いてゆで、斜めに切ります。

④鍋にだしと里芋を入れて八分通り煮、砂糖、しょうゆ、みりんの順に加えます。

⑤差と追いもが柔らかくなったらイカを加え、4~5分煮てさやえんどうを散らします。

●大阪漬け

材料・・・大根120g、大根の葉40g、塩小0.4

 大根はいちょう切りにし、葉はサッとゆでて刻みます。大根と葉を合わせて塩もまぶしてもみ、水気を絞れば出来上がりです。

●プレーンヨーグルト

 一人150gは食べましょうね。出来れば、甘味なしで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年12月 6日 (日)

豚肉の照り焼きの献立

●豚肉の照り焼き
     日本人好みの味ですね。

材料・・・(1人分)豚ロースの切り身(100g)1枚、塩少々、しょうゆ小3、みりん個2、酒小1、砂糖小1、レタス・トマト・クレソン各適宜

①豚肉は筋切りをして、軽く塩をし、20分ほどおきます。

②しょうゆ・みりん・酒・砂糖を合わせて焼く半分くらいに煮詰めておきます。

③①の肉を金串に刺して焼くか、そのまま網の上で焼きます。両面焼き付けたら、②のタレをハケで塗り、また、火の上に戻してサッと焼きます。これを3回ほど繰り返し、焼き上げます。

④金串を回しながら抜き、食べやすい大きさに切り、付け合せのレタス、トマト、クレソンを添えます。

●なすのしぎ焼き

材料・・・なす6個、サラダ油大2、A{赤だし味噌大7、だし汁カップ2/3、砂糖大1.5、みりん大2}、白ごま少々

①なすはヘタを切り取り、半分に切って水にさらしてアク抜きをします。

②フライパンにサラダ油を熱して、水気をよくふき取ったなすの切り口を下にして入れ、ふたをして弱火で焼きます。焼き色がついたら裏返し、充分に焼きます。

③鍋にAの調味料を合わせて練り味噌を作ります。終始中火でとろリとなるまでよく練り合わせます。

④器に焼きたてのなすを盛り、練り味噌をかけ、煎った白ごまをふります。

  *練り味噌は焦げやすいので途中手を休めないでほしいです。一旦作った練り味噌は冷蔵庫で保存がききますよ!

●れんこんの煎り煮
    赤とうがらしの辛さがいい!

材料・・・れんこん150g、酢少々、さつま揚げ4枚、白滝1玉、赤とうがらし1本、サラダ油大2、酒大2、みりん大3.5、薄口しょうゆ大5、枝豆適宜

①れんこんは皮をむいて酢水に放してアクを抜き、5mm厚さの半月切りにします。

②さつま揚げは食べやすい大きさに切り、熱湯を回しかけ、油抜きをします。

③白滝はゆでてから食べよい大きさに包丁を入れます。

④赤とうがらしは種を抜いておきます。

⑤鍋にサラダ油を熱し、④と①のれんこんを透き通るくらいまで炒め、さつま揚げ、白滝も加えさっと炒めます。全体が炒めあがったら、酒・みりん・薄口しょうゆを加え、混ぜながら煮汁が無くなるまでいり煮にします。

⑥⑤を器に盛り、塩ゆでした枝豆を散らします。

●コンビーフとキャベツのスープ

材料・・・コンビーフの缶詰100g、キャベツ外葉4~5枚を使った残り、玉ねぎ1個バター大1、練がらし適量

①コンビーフは缶から出し、粗くほぐしておきます。

②キャベツは芯をくりぬいて葉をはがし、洗って手で4cm角にちぎります。

③玉ねぎは縦6つに切ってばらします。

④鍋にバターを溶かして玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒めてコンビーフを加え、脂肪が溶けるくらいに炒め、水カップ6、砕いたコン
メ、キャベツを入れて煮ます。

⑤煮立ったら味を見て塩・こしょうで整え、少し煮て汁ごと盛り、練りがらしをつけて食べます。

 *彩がほしければ刻みパセリやゆでたさやいんげんを散らすのも素敵ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

ブラウンシチューの献立

●ブラウンシチュー

材料・・・牛バラ肉の角切り(3cm角)500g、玉ねぎ大1個、小玉ねぎ8個、じゃがいも小4個、にんじん小2本、にんにく11片、香草の束・バター各適宜、小麦粉大3、固形コンソメ2個、トマトピューレカップ1/2、ウスターソース小1

①肉に塩・コショウ少々、小麦粉をまぶしてまぶした時残った小麦粉も一緒にバター大2で焦げ目がつくまでよく炒め、水カップ7、酒大3、ピューレ、コンソメ香草の束を加えて煮ます。

②玉ねぎとにんにくはみじん切りにし玉ねぎをバター大1で褐色に炒めてにんにくも加えて炒めて①の鍋に入れ、水カップ1/2で鍋を洗って加え、煮立ったらアクをすくいながら弱火で焼く1時間半煮ます。

③にんじん、じゃがいもは適宜に切って水につけ、小玉ねぎは皮をむき、それぞれバターで炒め、肉がほぼ柔らかくなったら堅い順から加えて塩小1をいれ野菜が柔らかく煮えたらウスターソースとしょうゆ小1を加え調味します。

●ほうれん草のサラダ

材料・・・ほうれん草300g、ゆで卵1個、玉ねぎのみじん切り大1、

①ほうれん草は砂糖小1を加えた熱湯で固めにゆで、水にとり、細かく刻んで水気をよく絞り、お皿に敷きます。

②ゆで卵は白身はみじん切り、黄身は裏ごしします。

③玉ねぎのごく細かいみじん切りは白身と混ぜて①の上にふり、さらに黄身をのせます。

④食べる直前にドレッシング(酢大1.5、塩小1/2、こしょう少々、練りがらし小1/2、サラダ油大5をよく混ぜ合わせた物)をかけます。

●ピザ

材料・・・パイ皮(小麦粉200g、バター160g、冷水大4~6)、牛ひき肉140g、玉ねぎ1個、ピーマン2個、マッシュルームの缶詰(50g入り)1缶、にんにく少々、油大2、トマトピューレカップ1、唐がらしの粉少々、うずらの卵1個、おろしチーズ大3

①パイ生地を作ります。小麦粉はふるい、バターを手早く切り込んで、グリンピース大にし、中央をくぼませて冷水を少量ずつ入れやっと町丸くらいに混ぜ、小麦粉をふったふきんにのせて絞り、暫く冷やします。

②①をそのまま広げてめん棒で延ばし、3つに折って両端も折り、また延ばします。これを4回繰り返し(柔らかくなったら冷やす)、3mm厚さに延ばして焼き皿より一回り大きく切り、残りは重ねて3~4cmもリボン上に延ばし、ともにラップをかけて冷蔵庫で2~3時間冷やします。

③玉ねぎは薄い輪切り4枚をとり、あとはピーマン1個、にんにくともにみじん切りにし、残りのピーマンは輪切りにします。

④マッシュルームは薄切り。

⑤油大1で刻んだ③の野菜を炒め、ピューレ、塩小1/2、こしょう少々を混ぜて20分煮詰め冷ましておきます。

⑥残りの油でひき肉、④の順にサッと炒め、塩小1/4、唐がらし粉で調味してさまします。

⑦うずらの卵はほぐして水小を混ぜます。

⑧パイ地に⑤を少量入れて⑥を等分に広げ、輪切りの野菜を散らしておろしチーズをふって縁に⑦を塗り、200度のオーブンで7~8分焼き、更に火を弱めて4~5分焼きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

~成人病を防ぐ食事③~鶏レバーとピーマンの炒め物のお弁当

●鶏レバーとピーマンの炒め物
   レバー等の臓物類はコレステロールやプリン体を多く含んでいます。高血圧 の方や貧血の方にお勧めです。

材料・・・鶏レバー50g、ピーマン30g、玉ねぎ30g、しょうが少々、サラダ油小1強、しょうゆ小1.3、酒小1弱

①鶏レバーは一口大に切り、冷水にさらして血抜きし、水気をよく切ります。

②ピーマンはヘタと種を取り、一口大の乱切りにし、玉ねぎは同じくらいの大きさに切ります。しょうがは薄切りにします。

③フライパンを充分に熱してサラダ油を入れ、レバーを加えてよく炒めます。ここにしょうが、玉ねぎ、ピーマンを加えて炒め、しょうゆと酒を加えて全体に味がなじむまで炒めます。

●里芋のごまよごし
   中性脂肪の高い方、脂肪肝の方に・・・

材料・・・里芋80g、だしカップ1/2、砂糖小1.3、しょうゆ小1/2、A{黒ごま小1.5、砂糖小1/3、しょうゆ小1/2、だし適宜}

①里芋は皮をむいて5mm厚さの半月または輪切りにしてよく洗い、塩でもんで洗います。これを堅めにゆでてゆで汁をきります。

②だし、砂糖、しょうゆを合わせて煮立て、里芋を入れて柔らかく煮ます。

③Aの黒ごまは香ばしく煎ってすり鉢ですり、Aの砂糖としょうゆを加えてすり混ぜ、だしを少しずつ加えてとろっとのばします。

④里芋の汁気をきって③のごまダレで和えます。

●なます

材料・・・大根40g、にんじん20g、塩小0.1、酢小1、砂糖小1

①大根は5cm長さのせん切りにします。

②にんじんは大根よりやや細めのせん切りにします。

③大根とにんじんを合わせて塩をふり、手でよく混ぜ合わせしばらくおき、水気を出します。

④酢と砂糖を合わせて水気をしぼった大根とにんじんに和えます。

●煮豆

材料・・・ゆで大豆30g、砂糖小1.5、しょうゆ小1/6

 鍋に柔らかくゆでた大豆、ヒタヒタのゆで汁、砂糖、しょうゆを入れ、味がなじむまで煮ます。前日に作り、煮汁につけたままおくと味がよくしみます。

●一口おにぎり

材料・・・ご飯150g、塩小1/5、海苔少量、青じそ2枚

①ご飯を3等分し、しっかり握っておにぎりにし、回りに塩をまぶします。

②1個のパリっと焼いた海苔を巻き、残り2個には青じそを巻きます。

                   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »