« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月13日 (日)

ひき肉だんごの寄せ鍋

     柔らかい口当たりの鶏だんごが美味しい

材料・・・鶏ひき肉300g、豆腐2丁、A{卵1個、片栗粉大2、しょうが汁・しょうゆ各小1、塩小1/2}、白菜4枚、ほうれん草1/2束、しいたけ1袋、ねぎ2本、えび4尾、うどん2玉、B{だし汁カップ3、しょうゆカップ1/2、みりん・砂糖各大3}

①豆腐1/2丁はふきんでつつんで水気を絞り、鶏ひき肉に加え、Aの調味料とよく混ぜ合わせておきます。

②えびは背ワタを取り、尾を残してからをむきます。

③白菜とほうれん草はさっとゆでほうれん草を芯にして巻きます。ねぎは斜め切り、しいたけは石づきを取って残りの豆腐は小そで切りにします。

④うどんはぬめりを取ります。

⑥鍋にBを合わせて煮立て、①をスプーンですくって落し、他の材料も加えて混ぜます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

行楽のお弁当

    運動会やピクニックに是非・・・

●鮭のゆうあん焼き

材料・・・生鮭の切り身4切れ、ゆず1/2個

①鮭は2つか3つに切り、みりん大2、しょうゆ大3につけ、ゆずを薄切りにしてのせ、40分おきます。

②①のつけじるにみりん・しょうゆ砂糖各大1を加え少し煮詰めます。

③鮭は金串2本を末広に打ち、皮から焼いて両面を焼き、八分通り火が通ったら②のタレをはけで塗り、乾いたらまた塗るを2~3回繰り返します。

●ほうれん草のごま和え

材料・・・ほうれん草150g、白ごま大3、だし汁大3

①ほうれん草は熱湯に砂糖少々を入れた中でゆで水に取り、絞ってしょうゆ小1をふりかけもう一度絞って、3cm長さに切ります。

②白ごまは香ばしく煎ってすり鉢ですりつぶし、砂糖・しょうゆ各大1.5をだし汁でのばしほうれん草を和えます。

●だし巻き卵

材料・・・卵4個、だし汁大4、油適宜

①卵は割りほぐし、だし汁、砂糖大2、塩小1/5、しょうゆ小1を静かに混ぜます。

②卵焼き器に油大1を熱し、余分な油をあけ、①の1/3を流し広げて固まりかけたら手前に巻いてあいたところに油を塗り、卵を返して向こう側に寄せ、手前にも油を塗ります。

③手前に①の残りの半量を入れて卵の下にも流します。あとは②と同じに焼き、繰り返して全部焼きます。

●豚肉のきんぴら巻き

材料・・・豚薄切り肉200g、きんぴらごぼう100g、しょうが汁小1、小麦粉・油各適宜

①バッドにしょうが汁、鮭・しょうゆ各大2を合わせて豚肉を入れ30分下味をつけます。

②豚肉の汁気を拭いて片面に小麦粉を薄くふり、きんぴらを適宜にのせて巻き、外側にも小麦粉をつけます。

③フライパンに油を熱し、肉の合わせ目から入れて転がしながら炒め、①のつけ汁に砂糖大2、みりん大1、水大3を加え、転がして全体に味をからめます。

○きんぴらごぼう

①ごぼう1本は5cm長さの細いせん切りにして水に放し、アクを抜き水気をよくふき取ります。

②赤唐辛子1本は種を取って小口切りにします。

③油大1.5を熱して①と②を炒め、鮭・しょうゆ各大2、砂糖大1強、水大3を加え、汁気がなくなるまでいりつけます。盛り付けてから白ごまをふります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

さばのプロバンス風の献立

●さばのプロバンス風

材料・・・さば1尾、玉ねぎ1個、トマト1個、油大3、バター大1、小麦粉適宜、じゃがいも2個、パセリ少々

①最初に付け合せを作ります。じゃがいもは皮をむいて4つ切りにし、水に放してアクをぬいてからゆで、ゆで汁をきって水分を蒸発させ、塩・こしょうをしてふたをして鍋を強く振って粉ふきいもにします。

②さばは3枚におろし、腹骨もそぎ取り、横2つに切って塩・こしょう各少々をふり、ざるに皮を下にして並べて暫くおきます。

③玉ねぎはみじん切り、トマトは湯むきして1cm角くらいに切ります。

④鍋に湯大2を熱し、玉ねぎを丁寧に炒め、柔らかくなったらトマトを加えて軽く炒め、塩小1/2、こしょう少々で調味します。

⑤さばの水気を拭いて小麦粉を軽くまぶします。

⑥フライパンに残りの油とバターを熱してさばを身のほうから入れよい色がついたら裏返し、火を弱めて焼き上げます。

⑦器に身を上にして盛り、④をかけて酢大2を熱してふりかけ、粉ふきいもとパセリを添えます。

●なすとみょうがのごまじょうゆ和え

材料・・・なす6個、みょうが10個、白ごま大4

①なすはヘタを取って縦半分に切り、水につけてアクをぬき、熱湯に塩を加えた中でサッとゆで、絞って1cm幅の斜め切りにし、もう一度水気を絞ります。

②みょうがは縦半分に切って水にサッとつけ、水気をよく切ります。

③白ごまは香ばしく煎ってすり鉢で半ずりにし、しょうゆ大3、砂糖大1を混ぜてごまじょうゆを作ってなすとみょうがを和えて少し馴染ませ、器に盛ります。

●チーズスープ

材料・・・卵1個、おろしチーズ大4、お湯カップ4、固形コンソメ2個、パン粉大4、パセリ少々

①卵は軽く泡立てておきます。

②鍋におろしチーズを入れてお湯を少量ずつ混ぜながら入れ、固形コンソメの砕いたもの、生パン粉を加えて静かに煮立たせ、味をみて、塩・こしょうで味を整えます。

③②の鍋に卵を入れ、泡立て器でかき混ぜながら卵が半熟になるまで火を通し、器に盛って刻みパセリをふります。

●たけのこのうま煮

材料・・・ゆでたけのこ1本、だし汁カップ3、砂糖小1、みりん大3、塩小1、薄口しょうゆ大1.5

①たけのこは食べやすい大きさに切り、さっと熱湯に通して水気を切ります。

②鍋にだし汁を煮立てたけのこを入れて煮ます。10分ほどしたら砂糖とみりんを加えさらに5~6分煮て塩、薄口しょうゆを加え、弱火でゆっくりと煮含めます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

豆腐の味噌ステーキの献立

●豆腐の味噌ステーキ
       ヘルシーがうれしー

材料・・・木綿豆腐2丁、長ねぎのみじん切り大3、赤味噌大1、片栗粉小、バター大2、油大1、冷凍ミックスベジタブルカップ1.5

①豆腐は乾いたふきんに包んで少し斜めにしたまな板と洋皿に挟んで水気をよく切り、さらにふきんに包んでもみながら水気を絞ります。

②①の豆腐を裏ごししてすり鉢ですり、赤味噌、片栗粉、砂糖小2をすり混ぜ、長ねぎのみじん切りを混ぜて4等分し、手に油をつけて1.5cmくらいの厚さの楕円形にまとめ、中央を少しくぼませます。

③厚手の鍋を空焼きして油、バターを熱し、②を入れて中火で焦げ目がつくまで焼き、裏返して火を弱め、鍋をゆすりながら焼き上げます。

⑤ミックスベジタブルは熱湯をかけてもどし、残りのバターで炒め、塩・こしょうで調味し、パセリとともに付け合せます。

●八宝菜
   これも野菜がたくさん摂れて嬉しい一品です。

材料・・・いかの胴(冷凍さしみ用)1パック、豚薄切り肉100g、うずらの卵12個、干ししいたけ2枚、きくらげ小5~6個、玉ねぎ1個、たけのこ70g、しょうが汁個、片栗粉適宜、油大3、固形コンソメ1個

①いかは皮をきれいにむき、3cm角に切って片側1cmを残して4~5本切れ目を入れて酒・塩各少々、片栗粉小1をからめておき、熱湯にさっとくぐらせます。

②豚肉は一口大に切って、しょうが汁、酒小1を絡めます。

③うずらの卵は固ゆでにしておきます。

④しいたけはもどしてそぎ切りにしてきくらげももどして石づきを取ります。

⑤玉ねぎはくし切り、たけのこは薄切りにします。

⑥中華鍋に油を熱し、豚肉、玉ねぎ、④、⑤の残りの順に手早く炒め合わせ、酒大1、しょうゆ小2、塩小1/4、砂糖小1、お湯カップ1、砕いたコンソメを入れ、煮立ったらいかとうずらの卵を加えて味をみて、塩で整えて片栗粉大1強を水大3で溶いて流し、とろみつくまで煮ます。

●ハムときゅうりの卵スープ
    
作り方・・・きゅうり1/2本は小口切りにして、油大1でえサッと炒め、しいたけのつけ汁と水でカップ4に固形コンソメ2個を砕いて加え、煮立ったら酒大1、ハム2枚の1cm角切りを入れて塩とこしょうで味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げに卵1個をほぐして、混ぜながら流し込みます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年9月 9日 (水)

いとこ焼きの献立

●いとこ焼き
    豚肉ずくしの1品です。ボリューム満点!

材料・・・豚ひき肉200g、ハムのミンチ100g、ベーコンのミンチ100g、玉ねぎ1/2個、パン粉カップ1/3、グリーンアスパラ適宜

①玉ねぎをみじん切りに刻み、乾煎りして冷ましておきます。

②ハム、ベーコン、ひき肉と3種類のいとこ同士を混ぜ合わせ①を加えます。パン粉、溶き卵も加え粘り気が出るまでよく混ぜ合わせます。
ここでナツメグやオールスパイス、こしょうなどを加えてもおいしくなります。但し、塩味はハムにあるので塩は控えましょう。

③②を8等分してハンバーグのように丸めて両面をこんがりと焼きます。

④器に盛り、柔らかく下ゆでしたアスパラを添えます。

●あらいの梅じょうゆかけ
     梅の酸味でさっぱりと

材料・・・すずき(刺身用)適宜、青じそ8枚、大根8cm、梅干し2個、しょうゆ・酒またはみりん各少々、わさび適宜

①洗い桶に水をたっぷり用意します。

②青じそ4枚はせん切りに、大根は桂向きにして白髪大根にし、ともに水に放ってパリッとさせ、水気を切り、器に敷きこんだ青じその上にこんもりと盛ります。

③すずきを薄くそぎ切りにしてざるに入れ、①の上におき、やや高い位置から水道の水を流しかけ、水の動きのある中でざるをゆすってすずきを洗います。

④きりっと身がしまったら器の青じそと白髪大根の上に盛り、わさびを添えます。

⑤梅干しは叩くか裏ごしするかしておき、しょうゆを加え、好みで酒またはみりんで溶き延ばし、どろっとさせて④に添えます。

●さといもの味つけ揚げ
      薄味のあんをかけた

材料・・・さといも12個、片栗粉・揚げ油各適宜、A{だし汁カップ1.5、砂糖大1.5、しょうゆ大1、塩少々}

①さといもはよく洗って皮をむき、塩もみをしてぬめりをとり、充分に水洗いして洗い流します。

②鍋にアクを抜いたさといもを入れ、水からゆで、竹串が通るようになったらざるにあげておきます。

③濃い目の水溶き片栗粉に②のさといもを絡ませ、中温の油の中で揚げます。

④Aの調味料を鍋に入れ、お吸い物の味よりやや濃い目の汁を作り、水溶き片栗粉を加えてとろっとしたあんを作ります。

⑤さといもを器に盛り、④のあんをかけます。さやえんどうを塩茹でし、添えても。

●豆腐と漬物の炒め煮
      漬物の塩気がお豆腐とマッチ!

材料・・・木綿豆腐2丁、漬物(野沢菜、高菜など)150g、油大2、A{スープカップ3/4、砂糖小1、塩小1/2、しょうゆ大2、化学調味料少々、酒大1}、片栗粉適宜

①豆腐は1cm角に切り、自然に水切りをします。

②漬物は軽く塩抜きをし、みじん切りにします。

③中華鍋に油を熱し、漬物を炒め、豆腐の水気をきって加え、Aを加えてふたをしてしばらく煮ます。

④豆腐に味がしみ込んだら水溶き片栗粉を加えます。
     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

久々オードブル編です。

●ツナといんげん豆のサラダ

材料・・・ツナ小1缶、しろインゲン豆(缶詰)カップ2、玉ねぎ小1個、セロリ1/4本、にんにく1片、A{ウスターソース・オレガノ・塩各少々、酢大1/2、サラダ油大4}パセリのみじん切り少々

①玉ねぎは薄切りにし、水にさらしてよく水気をきります。

②セロリは筋を取って細切り、にんにくはみじん切りにします。

③ツナは粗くほぐしておきます。

④白いんげんは缶から出し、水気をよく切っておきます。

⑤ボールに①②③④を入れてAのっ調味料を加えさっと混ぜ合わせます。

⑥器に⑤を盛り、彩りに刻みパセリを散らします。

●ハムのコルネとカナッペ
      パーティには欠かせませんね。

材料・・・ロースハム4枚、じゃがいも2個、A{塩・こしょう各少々、マヨネーズ大1}、食パンの薄切り4枚、ボンレスハム2枚、きゅうりのピクルス1本、サラミ40g、スタッフドオリーブ1粒、からし少々、プチトマト4個、ラディッシュ4個、パセリ、きゅうり、キャベツ、セロリ各少々、マヨネーズ適宜

①じゃがいもは丸のままゆでて、熱いうちに皮をむき、つぶします。

②にんじんは皮をむきいんげんは筋を取ってゆでて荒切りにします。

③①と②を合わせてAを加えて混ぜ合わせます。

④ロースはムはラッパ型に巻き、その中に③を詰め、表面にマヨネーズを搾り出して線描きします。

⑤きゅうりのピクルスは2つに切って飾り切りにします。

⑥からしは溶いて場他t-に混ぜ合わせからしバターを作ります。

⑦諸kパン2枚の片面に⑥を塗り、ボンレスハムをのせ、4つに切って⑤を飾ります。

⑧サラミは薄切りに、オリーブは輪切りにします。

⑨残りの食パンは丸型に抜き、⑧を飾ります。

⑩セロリは筋を取って5cm長さに切り、きゅうりの同じ大きさに切り揃え、セロリに挟みます。

⑪キャベツはせん切り、プチトマト、ラディッシュは飾り切りにします。

⑫以上を大皿に色どりよく盛り合わせ、パセリをあしらいます。

●オイルサーディンのベネト風
    缶詰一工夫!

材料・・・オイルサーディン1缶、ピーマン2個、完熟トマト2個、にんにく1片、ローリエ1枚、ゆで卵の白身1個分、サラダ油、す、塩・各適宜

①オイルサーディンは缶から出し、汁気をよく切っておきます。

②ピーマンは網で焼いてから水洗いし、薄皮と種を取り、細切りにし、軽く塩をふり酢とサラダ油をかけて下味をつけておきます。

③トマトは湯むきして種を取り、ざく切りにし、みじんに刻んだにんにく、トマトの順で油で炒め、ローリエを加えて15分煮込み、トマトソースを作り、冷ましておきます。

④ゆで卵の卵白は裏ごししておきます。

⑤器に①を丸く並べ、中央に②をあしらい、④を飾り、周りに③をかけます。

●卵のオードブル
     華やかです。

材料・・・ゆで卵5個、A{マヨネーズ大1、生クリーム大1、レモン汁少々}、アンチョビ3尾、ケイパー3個、いくら大1、キャビア大1、クレソン・チコリ各少々

①ゆで卵は縦2つに切って卵黄を取り出し、裏ごしします。

②Aのの調味料を合わせ、クリームマヨネーズを作ります。

③①と②を合わせ菊型の口金をつけた絞り出し器に入れ、卵白のケースに搾り出します。

④アンチョビ、ケイパー、いくら、キャビアを③の上にそれぞれ飾り、クレソンの葉先を添えます。

⑤チコリを敷いた器に④を色どりよく盛り付けます。

●アボガドのツナソース詰め
     レモンをたっぷりかけて・・・

材料・・・アボガド2個、ツナ1缶、マヨネーズカップ2/3、玉ねぎのみじん切り大3、マスタード小1、しょうゆ大1、レモン汁大1/2、あさつき少々

①ツナは余分な油を捨てて、すり鉢に入れて軽くすり、繭ネーズ、玉ねぎのみじん切り、マスタード、しょうゆレモン汁を加えて混ぜ合わせます。

②アボガドは縦2つに切り、種を取って底になる部分が安定するように少し切り落し、レモン水をサッと通して水気を拭き取ります。

③あさつきは小口切りにします。②に①を詰め、③をふって器に盛り、レモンを添えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

アメリカン・バーベキューチキンの献立

●アメリカン・バーベキューチキン

材料・・・鶏骨付きもも肉4本、玉ねぎ・きゅうりのピクルスのみじん切り各大4、バター大3、油大1、トマトジュースカップ1、ウスターソース・赤砂糖各大1、スパゲティ150g、刻みパセリ少々

①鶏肉は内側の骨の両側に切れ目を入れて厚みを少し切り開き、皮をフォークで刺し、全面に穴をあけ、塩・こしょうをふって刷り込みます。

②底の広い厚手鍋をから焼きして油、バター大2を熱し、鶏肉の皮のほうから入れて強火で両面にきれいな焦げ目をつけ、取り出します。(中まで火を通さなくてもいいです)

③後に玉ねぎを入れて鍋底の焦げ目を擦り、弱火にしているづくまで炒め、トマトジュース、ウスターソースを入れて混ぜながら煮立たせ、ピクルス、酢大1、赤砂糖を加えて鶏肉をもどし、ふたをしてごく弱火にし、時々鍋底をこそげて肉を返し、30分煮込みます。

④スパゲティは塩ゆでして残りのバターでサッと炒め、塩・こしょう各少々で調味し、刻みパセリをふり、お皿に敷き、鶏肉を盛ります。

●卵のフローレンス風

材料・・・卵4個、ほうれん草1束、玉ねぎ1/4個、バター大4、小麦粉大3、牛乳カップ2、レモン汁小1、おろしチーズ大4

①お湯カップ10に酢大3、塩小2を入れて煮立て強火にして卵を1個ずつ器に割って静かに入れ、白身で黄身を包むようにし、白身が固まるまで穴じゃくしですくい、お湯を入れたボールに入れておきます。

②ほうれん草は熱湯に砂糖少々を入れた中でゆで、水につけて絞り、根のほう2~3cmをスープ用に残して3cm長さに切り、塩・化学調味料各少々をふり炒める時、絞ります。

③玉ねぎは薄切りにしてバター大1で炒め、②を加えてひと炒めし、塩・こしょう少々で調味します。

④バター大2で小麦粉を炒めて牛乳で延ばし、とろみをつけて塩小1/2、こしょう少々、酒小1、レモン汁で調味します。

⑤焼き皿にバターを塗り、④の1/3を敷いて③を平らに広げ、4ヶ所をくぼませて卵を入れ、④の残りをかけて全体におろしチーズをかけ、熱したオーブンの上段に入れて焦げ目がつくまで焼きます。

●コールスロー

材料・・・キャベツ8枚、にんじん適宜、玉ねぎのみじん切り小1、かたゆで卵1個、A{酢大2、塩・練りがらし各小1/2、砂糖小1、サラダ油大4}、レタス適宜

①キャベツは葉芯を取ってせん切りにし、ざるに入れます。

②にんじんは細いせん切りにしてキャベツの上にのせてボールにいれ、たっぷりの熱湯をかけて箸でよく混ぜ水気を切ってすぐ冷水につけ冷やして固く絞ります。

③ゆで卵は白身と黄身に分け、白身は細かく刻み、黄身は裏ごしします。

④ボールにAでドレッシングを作り、②と白身、玉ねぎのみじん切りを入れてよく混ぜ、しばらく味を馴染ませます。

⑤レタスは冷水でパリッとさせて水気を拭き、器に敷いて④を盛り、卵の黄身とパセリをふります。

●野菜スープ

材料・・・じゃがいも・玉ねぎ各1個、セロリ1本、固形コンソメ3個

①じゃがいも・玉ねぎ・セロリは各1cm角に切り、じゃがいもは水に。つけます

②バター大1で玉ねぎを炒め、後の野菜も炒め合わせて水カップ5、固形コンソメを砕いて加え、煮立ったら泡をすくって柔らかく煮て塩・こしょうで味を整えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

あじのたたきの献立

秋らしい献立にしてみました。

●あじのたたき

材料・・・あじ(新鮮なもの)4尾、しょうが2片、ねぎ1本、青じその葉4枚

①あじは3枚におろして腹骨をそぎ取り、身の中央の小骨も丁寧に抜き、頭の方から皮をむいて冷やします。

②しょうがは皮をむき、1片はみじん切り、残りの1片はすりおろします。

③ねぎは4~5cm長さに切り縦に切り目をいれて芯を抜き、細いせん切りにして冷水につけ、パリッとしたら水気をきります。

④味を小口から細く切って粗めにたたき、味噌大1、みじん切りのしょうがをのせ、身をつぶさないように手早くさらにたたきむらなく混ぜます。

⑤器に③の白髪ねぎ、青じその葉、あじ、おろししょうがを形よく盛り付けます。

   *あじはつぶすのではなく、あくまでも切るようにたたくことが大切です。

●なすの田楽

材料・・・なす6個、赤だし味噌・西京味噌各大3、ごま油大4、青ゆずの皮・白ごま各少々、ししとう8個、油少々

①なすは上下を切って1個を4等分に輪切りにし、水につけて10分アクを抜きます。

②2色の田楽味噌を作ります。赤だし味噌は砂糖大2.5、みりん大1、を混ぜて火にかけ、もとの味噌の固さになるまで練ります。西京味噌は、砂糖大0.5、みりん大1を混ぜ、同様に練ります。

③厚手のフライパンにごま油を熱し、なすの水気を拭いて両面をこんがりと焼いてから火を弱め、中まで火を通します。

④ししとうは油で炒めて塩、化学調味料を少々ふります。

⑥ゆずの皮はおろし、白ごまは煎って刻みます。

⑦なすが焼けたら田楽串に3個ずつ刺し、②の味噌を分けて塗り、白味噌にはゆずの皮、赤味噌には白ごまを振って器に盛ります。

●いかとさといもの煮物

材料・・・いか(冷凍)1枚、さといも500g、青ゆずの皮少々

①いかは自然解凍し、足を抜いてわたを取り、中をよく洗って水気を拭き、胴は1cm幅の輪切りにします。足は吸盤をこそげ取り、包丁の背で叩いて2~3本ずつ分け、3cm長さに切ります。

②さといもは皮をむいて大きければ2つに切り、水につけ、アクをぬき塩でもんで洗い、ぬめりを取ります。

③鍋に酒大1、砂糖大2、しょうゆ大3を煮立てていかを入れ、色が変る程度にサッと煮て取り出します。

④あとにさといもをひたひたの水を入れて落し蓋をし、煮立ったら弱火にして時々鍋を回し、煮汁が1/3になるまで煮含め、別器に取ります。

⑤残った煮汁にいかを戻し、火を強めて手早く味を絡めます。

⑥器にいかとさといもを盛り合わせ、ゆずの皮をおろしてさといもに振り掛けます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

お寿司いろいろ

 地方によってもいろいろな推すしがあるものですね。私のいる北海道じはかに寿司、いかめし(お寿司じゃありませんでした。)お寿司やお弁当の情報があれば是非お寄せ下さいね。

●箱ずし
   木の芽のほのかな香りがする華やかなお寿司です。

材料・・・お米カップ3、A{水カップ3、酒大2、昆布5cm、塩少々}、B{酢大5 砂糖大2、塩小1.5、化学調味料少々}、アナゴ2本、C{しょうゆ・みりん各大2、砂糖小1、}、蝦4尾、、D{酢大3、砂糖大1、みりん小1}、はんぺん1/2枚、E{酒大1、みりん小1、砂糖大4、塩小1/4}、卵3個、干ししいたけ4枚、F{砂糖・しょうゆ各大3、みりん大1}、塩、油、酢各少々

①お米はAの昆布だしで炊き、Bの合わせ酢をかけて酢飯にします。

②アナゴは背開きにし、串を打ち、白焼きにしてから煮詰めたCを2~3回塗って焼き、えびも縦に串を打ち、サッと塩茹でし、殻をむいて背開きにし、Dにつけます。

③はんぺんは裏ごししてからよくすり、Eを加え卵を加えてよく混ぜ合わせ油を敷いた卵焼き器に流し込み、焼きます。

④干ししいたけはもどし、もどし汁で暫く煮てFを加えて煮、細切りにします。

⑤押し箱を酢で湿らせ、底に葉らんを敷き、すし飯、しいたけすし飯の順に詰め、具をのせて押します。

●さば寿司
    生きのよさが味の決め手です!

材料・・・お米カップ3、A{水カップ3、だし昆布5cm、酒大2、塩少々}、B{酢大5、砂糖大2、塩小1.5、化学調味料少々}さば1尾(550g)、塩大3、酢適宜、砂糖小1、昆布20cm4枚、白板昆布、C{だし汁カップ2、酒カップ1、酢大3}、木の芽少々

①すし飯の作り方は箱ずしとおなじです。

②さばは3枚におろし、水気を拭き、塩を両面にふって裏返した盆ざるに載せて6時間以上冷蔵庫に入れて身をしめ、取り出して酢で洗います。さらに汚れをふき取った昆布の間に挟んで新しい酢カップ1に砂糖をまぜたものを注ぎ、軽い重石をして半日おき、昆布をはずして皮をはいで骨をぬき、薄いそぎ切りにします。

③白板昆布はCで透き通るまで煮て煮汁につけたまま冷ましておきます。

④酢飯を長方形にまとめて4本作り、上にさばを並べ、木の芽を散らし、水気をきった白板昆布重ねて巻きすに包み形を整えて押しをし、涼しいところに2時間以上おきます。

●笹の葉ずし
    ほのかな笹の香りで包みました。

材料・・・お米カップ3、A{水カップ3、だし昆布2cm、酒大2、塩少々}、B{酢大5、砂糖大2、塩小1.5、化学調味料}、味5尾、塩・酒・酢・みりん各少々、しょうが汁少々、えび10尾、たい1/2さく、薄口しょうゆ少々、昆布20cm4枚

①酢飯は箱ずしと同じです。

②あじは3枚におろし、腹骨を抜き取り、盆ざるに並べて軽く塩をふり、20分おきます。ボールに酒と酢を半々に入れてさらにその1割のみりんとしょうが汁を加えて味をひたひたにつけ、訳10分おいて方繰りから皮をはぎ、中骨を抜きます。

③えびは殻をむいて背ワタを取り、腹開きにし、酒をはたいて塩ゆでします。

④たいは水気をふき取り、一口大のそぎ切りにして薄口しょうゆと酒をふって10分おき、更に酢でしめたら昆布の間に挟んで身をしめます。

⑤手を酢で湿らせて酢飯を一口大の俵型に丸め、あじ、えび、たいをそれぞれ1切れずつのせます。笹のはを三角の筒状に折って俵型の寿司を入れくきを通して三角形に整えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

メンチカツの献立

●メンチカツ

材料・・・牛ひき肉300g、玉ねぎ1個、卵2個、バター大1、パン粉・小麦粉各適宜、油大3、キャベツ3枚

①玉ねぎはみじん切りにし、バターで薄く色づくまで炒めて冷まし、パン粉カップ1/2は水で湿らせて軽く絞ります。

②ボールにひき肉、①、塩小1/2、しょうゆ小1、こしょう少々を入れてねばりが出るまで混ぜ、卵1個を加えて更に混ぜ4等分して丸め、手の平にたたきつけて空気を抜き、平らに形を整えます。

③残るの卵はほぐして水大0.5を混ぜます。

④②の種に小麦粉を薄くつけ、③の卵水、パン粉の順に衣をつけます。

⑤フライパンに油を熱して④を入れ中火で両面をきつね色に焼いて時々返しながら6~7分焼きます。

⑥キャベツはせん切りにして水に放し、水気をよくきってメンチカツに添えます。

⑦ソースはケチャップとウスターソースを混ぜた物など、お好みでどうそ。(おしょうゆで食べるのが私は好きです!!)

●ベーコンスパゲティ
     ちょっと辛いです。

材料・・・スパゲティ350g、ベーコン100g、玉ねぎ1個、赤とうがらし1本、オリーブ油大3、トマトソースカップ3、塩大4、パセリのみじ切り少々

①スパゲティを熱湯に塩を入れてゆでます。

②ベーコンは1cm幅に切り、玉ねぎは薄切り、赤とうがらしは種を取って輪切りにします。

③フライパンにオリーブ油を熱し、ベーコン、玉ねぎ、赤とうがらしを炒め、玉ねぎがしんなりしたらトマトソースを加えてひと煮立ちさせ、軽く塩・こしょうをして味を整えます。

④③にゆでたスパゲティを加え手早くサッとひと混ぜしてからパセリをふりお皿に盛ります。

●りんごとチーズのサラダ
     手軽に出来るシンプルな料理です。

材料・・・マリボーチーズ120g、りんご2個、くるみ4個、レーズン大2、にんじん小1/4本、A{マヨネーズカップ1/2、レモン汁1個分、生クリーム大2、ウスターソース・塩・ブランディ各少々}、サラダ菜適宜、パプリカ少々

①チーズは5cmの長さの細切りにします。

②ちんごは皮をむいて5つ割りにしてから小口切りにし塩水にさらします。

③にんじんは皮をむいて5cm長さの細切りに。

④くるみはみじん切りにし、レーズンはお湯にしおばらくつけて柔らかくしておきます。

⑤Aの調味料を混ぜ合わせておきます。

⑥チーズ、水気をふき取ったりんご、にんじん、くるみ、レーズンを⑤であえてサラダ菜を敷いた器に盛り、パプリカをふります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年9月 2日 (水)

さけの和風マリネの献立

●さけの和風マリネ
     和風ドレッシングをかけました。

材料・・・塩ざけまたは燻製のさけ200g、しょうが1片、青じそ4枚、ねぎ10cm、レモン少々、A{サラダ油大3、しょうゆ大2、酢大1、砂糖小1、化学調味料少々}

①さけは薄切りにしてお皿に並べます。

②しょうが、青じその葉、ねぎはせん切りにします。

③Aの調味料は混ぜておきます。

④①のさけの上ににしょうが、青じその葉、ねぎを散らし、レモンの薄切りをあしらい、Aをかけ味をよくなじませてから供します。

   *塩ざけを誓う時は1時間くらい前にAをかけておきます。

●すき焼き風煮もの
   お弁当のおかずにもなりますよ。

材料・・・じゃがいも5個、牛肉250g、しいたけ5枚、糸こんにゃく1玉、玉ねぎ1個、しょうゆ大4、酒カップ3/4、砂糖大5、油適宜

①じゃがいもはゆでて④つ割りにし、玉ねぎは1cmくらいの短冊に切り、牛肉は一口大に切ります。しいたけは2つに、糸こんにゃくはざく切りにします。

②鍋に油を敷き、牛肉を炒めて砂糖を加え、さらに酒をふり、残りの材料としょうゆを加え煮詰めます。

●わらびとザーサイのあえもの
     ピーナツバターであえた

材料・・・わらびの水煮100g、セロリ2本、ザーサイ1/3個、A{塩小1/2、ごま油・砂糖・しょうゆ各小1}、B{ピーナツバター大2、溶きがらし・しょうゆ・酢各小1}、しょうがの薄切り2枚、にんにく1片

①わらびは3cm長さに切り、セロリは薄いそぎ切りにして熱湯に通してざるにあげます。ザーサイは薄切りにしてもみ洗いして水気を固く絞ります。

②①を合わせ、Aを加えます。

③しょうがはみじん切りににんにくは潰してBを合わせ②の水気を軽くきって和え、クレソンを天盛りします。

●白菜とベーコンのスープ煮

材料・・・白菜1/2株、ベーコン2枚、玉ねぎ①/2個、バター大1、固形コンソメ2個、ローリエ1枚、刻みパセリ小1

①白菜はそのまま洗い、水気をよくきり、芯を取って縦半分に分けておきます。

②ベーコンは横2つに切って熱湯にサッと通します。

③玉ねぎは半分に切って小口から薄く切ります。

④厚手で底の広い鍋にバターを溶かして玉ねぎを入れて中火でしんなりするまで炒めてベーコンを並べ、白菜の根元を交互にして入れ、ひたひたの水、砕いたコンソメ、ローリエを加えて煮ます。

⑤煮立ったらアクをすくってふたをし弱火で白菜がとろけるように柔らかくなるまで煮込みます。

⑥大きな器に白菜の形をくずさないように盛って、食べやすい大きさに切り、ベーコンをのせます。

⑦残った煮汁はこしょう少々をふって少し煮詰め、味をみて塩で整え、上からかけて刻みパセリを振ります。好みで練りがらしをつけてもおいしいですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

ミートボールと夏野菜のカレーの献立

●ミートボールと夏野菜のカレー
       スパイシー本格派

材料・・・ラムまたは豚のひき肉200g、鶏ひき肉100g、にんにく2片、しょうが1/2片、A{こしょう小1/8、塩小2/3、卵黄2個分、水大3、片栗粉大3}、バター大3、サラダ油大2、ピーマン2個、赤ピーマン2個、なす1個、いんげん4本、オクラ4本、プチトマト10個、完熟トマト1個、パイナップル(生)1/2個、B{みんと小1、クローブ小1/4、オールスパイス小1/8、カレー粉大1}、干しぶどう大1、塩小1.5、コリアンダーのみじん切り大1、プレーンヨーグルトカップ1/2

①ラムのひき肉は包丁で細かくいて鶏のひき肉を加え、水をふりかけながらペースト状になるまでさらに叩き、ボールに取ります。

②にんにく、しょうがはそれぞれみじん切りにしてAの調味料とともに①に加え粘りがでるまでよく混ぜ合わせます。

③ピーマンは2つ割りにしてヘタと種を取り、1cm幅に切ります。赤ピーマンは1.5cm角に切り、なすは皮を縞状にむいて1cmの輪切り、いんげんは筋を取って2cmのぶつ切りにします。オクラはヘタを除き、1.5cm幅に切り、プチトマトもヘタを取って2つに切ります。パイナップルは皮をむき、芯を除いて1.5cm角に切ります。

④厚手の鍋を熱してサラダ油を入れて焦がさないように溶かし、②の肉を直径2cmくらいに丸めて次々に入れ、強火で転がしながら炒め、焼き色をつけて取り出します。

⑤肉の後の鍋に③の野菜を入れ強火でつやよく炒めます。そこへBのスパイスを入れて一混ぜし、干しぶどうと塩を加え④のだんごを入れてぴっちりふたをして、弱火で10分蒸し煮にします。

⑥味をみてコリアンダーとヨーグルトを加えさっくり混ぜ合わせます。

    *このカレーはピッチリふたをして仕上げましょう。

●ターメリックライス
    カレーに欠かせません。

材料・・・お米カップ2、バター大3、玉ねぎ1/6個、ターメリック小2、クローブ2本、塩小1

①厚手の鍋にバターを溶かし、玉ねぎのみじん切りをよく炒めてから洗わずにお米を加えサッと強火で炒め、ふたをして火を止めて5分おき、お米に油を吸わせます。

②5分たったら再び火をつけ、ターメリックとクローブを入れてサッと炒め、熱湯カップ4と塩を加えて煮ます。煮立ったら中火で7分、ふたをして弱火でさらに8分炊きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »