« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

パスタいろいろその②

●スモークサーモンソースのスパゲティ
      まろやかであくまでも優雅な味です。

材料・・・スパゲティ400g、スモークサーモン2パック、マッシュルーム5個、レモン汁大1、生クリームカップ1、いくら大5、粉末タイム・白こしょう各少々

①スパゲティはゆでて冷水に当てて冷やしておきます。

②スモークサーモンは一口大に切ります。マッシュルームは薄切りにしてレモンを振り掛けます。

③ボールに生クリームをいれ、②といくら、粉末タイム、白こしょうを加えて混ぜ合わせ、スパゲティを加えてよく和えます。

●バジリコのスパゲティ
     香りと風にを楽しむ基本味です。

材料・・・スパゲティ400g、しその葉20枚、にんにく1片、松の実大3、乾燥バジル大4、パルメザンチーズ大2、バター10g、オリーブ油大3、塩小1/2、こしょう少々

①スパゲティをゆでます。

②しその葉は洗って水気を切っておきます。にんにくは皮をむいて薄切りにします。スパゲティ以外の全ての材料を合わせてフードプロセッサーにかけ、バジルペーストを作ります。

③ボールに③のバジルペーストとゆであげたスパゲティを加え混ぜ合わせ、しっかり和えます。

●ミートスパゲティ
   基本中の基本です。

材料・・・スパゲティ400g、玉ねぎ1個、にんじん小1本、干ししいたけ5枚、にんにく・しょうが各1片、サラダ油適宜、合びき肉300g、A{トマトジュース1缶、トマトピューレ50cc、ウスターソース大1、赤ワインカップ1/2、ローリエ2枚塩・こしょう各少々}

①スパゲティは固めに茹で上げます。ゆであがったらザルに上げ、しっかり水気を切ります。ミートソースが出来上がるころに茹で上がるように時間を調整しましょう。

②田甘葱、にんじん、水でもどした干ししいたけはそれぞれみじん切りに。

③にんにく、しょうがもみじん切りにしサラダ油を熱したフライパンでサッと炒めます。ひき肉を加え②の野菜も加えて更に炒めます。

④③に調味料Aを加えて煮込み、塩・こしょうで味を整えます。

⑤①のスパゲティを器に盛り、④のミートソースをかけます。

●ペンネのトマト焼き

材料・・・ペンネ150g、トマト2個、なす2個、じゃがいも1個、サラダ油大1、バター大1、トマトピューレ大1、塩・こしょう各少々、レモン汁小1、乾燥バジル適宜

①ペンネは固めにゆでてザルにあげしっかり水気を切っておきます。

②トマトはくし形に切り、なすろ皮をむいたじゃがいもは輪切りにして水にさらし、アクを抜きます。

③フライパンにサラダ油を熱し、バターを加えて②を炒め、①も加えてトマトピューレを入れます。

④塩・こしょうし、野菜に火が通ったら出来上がりにレモン汁をかけます。お好みでバジルを散らしていいでしょう。

●ツナのアラビアータ
    素朴でピリッと辛い香りの逸品です。

材料・・・スパゲティ400g、にんにく3片、赤とうがらし1本、オリーブ油大3、ツナ缶1缶、バター10g、塩・こしょう各少々、バジル適宜

①スパゲティは固めにゆで、ザルにあげて水気を切ります。

②にんにくは薄切りし、赤とうがらしは種をとって小口切りにします。

③フライパンにオリーブ油を熱し、にんにくと赤とうがらしをじっくり炒めます。にんにくがきつね色になるまで火を通しましょう。

④①のスパゲティと油をきったツナを③に加えバターと塩、こしょうを加えて味を整えます。器に盛り、お好みでバジルを散らします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

牛肉とさといもの南蛮煮の献立

●牛肉とさといもの南蛮煮
    ピリッと辛いみそ味の

材料・・・豚バラ肉400g、さといも5個、にんじん1本、こんにゃく1枚、サラダ油大1、A{水カップ2、酒大2、砂糖大5、しょうゆ大3}、赤唐辛子1本、みそ大3、さやえんどう適宜

①豚バラ肉は1cm位の暑さにして切りそろえ、さといもは乱切りにし、水に放してアクを抜きます。にんじんは皮をむいて輪切りにし、こんにゃくは縦半分に切って食べやすい大きさのそぎ切りにします。

②鍋にサラダ油を熱し、豚肉をよく炒め、水気をきったさといも、にんじん、こんにゃくを入れてさっと炒め、ザルにあげてたっぷりのお湯をかけて油抜きをします。

③別鍋にAと赤とうがらしの輪切りを入れて一煮立ちさせ、②を入れて落し蓋をして、中火で煮汁が半量になるくらいまで煮ます。そこにみそを溶き入れ煮汁が少なくなるまで煮て、器に盛り、色よくゆでたさやえんどうを散らします。

●さばの揚げびたし
    下味用のつけじるで中華風にもなります。

材料・・・さば1尾、塩小1.5、A{酒大1、しょうゆ大1.5、砂糖少々、しょうがとねぎを刻んだ物あわせて大1}、揚げ油、B{しょうゆ大5、砂糖大4、ごま油大1}白髪ねぎ少々

①さばはワタと頭、尾を取りきれいに洗って1.5cmの筒切りにして塩をふり、ざるにあげて30~1時間おきます。

②下味用漬け汁Aにさばを入れて2時間くらい浸しておきます。

③②のさばをザルにあげて汁気をきり、150~180度の中温の油でカラッと素揚げにします。熱いうちに仕上げ用の漬け汁Bにジュッと入れて味をよくしみこませます。

④白髪ねぎを水に。さらしておきます

⑤器に③のさばを盛り付け、④を天盛りします。

   *Bに五香粉を少々使うと中華風になりますよ。

●夏野菜の糸切りサラダ
    ピーナツバターで食べます。

材料・・・きゅうり、セロリ、にんじん、紫玉ねぎ、みょうが各適量、ピーナツバター大3、水または牛乳カップ1/2砂糖大1、塩小1/2、酢大1~2、しょうゆ少々

①野菜は全て細く、糸切りにし別々に水にさらします。さらに冷蔵庫で冷やします。

②ピーナツバターを水でたらリとしたゆるさにまで溶き、酒・塩・砂糖・酢・しょうゆを混ぜ合わせます。

③①の野菜の水をしっかりきり、器に色取りよく盛り、②のソースをかけていただきます。

    *野菜はこれらに限らず、季節の物を使ってもいいでしょう。

●ぜんまいの新田巻き
     ひと手間かけた味です。

材料・・・もどしぜんまい300g、A{だし汁カップ2、酒カップ1/3、みりん大3強、砂糖大4、しょうゆ大6、化学調味料少々}、豆腐2丁、やまいも50g、B{卵1.5個、塩小1/2、みりん・砂糖各大1、薄口しょうゆ小1}、油揚げ4枚、片栗粉少々、C{だし汁カップ5、みりんカップ1/2、砂糖大2、しょうゆ大5弱、化学調味料少々}

①豆腐は水をきり、すり鉢ですり、すりおろした山おもとBを加えよく混ぜ合わせます。

②ぜんまいはAでじっくり煮含めます。

③油揚げは油抜きして三方に包丁を入れて開き、巻きすの上にのせ、片栗粉の水溶きを軽く塗り、①を塗りつけ、②のぜんまいを芯にして巻き込み、巻きすで巻いたまま15分蒸します。さらに巻きすをはずし、竹の皮でしばりCでじっくり煮こみます。

④竹の皮をはずし、1.5cmくらいの厚さに切って器に盛ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

そぼろ丼の献立

●そぼろ丼

材料・・・(2人分)卵2個、酒大1、砂糖大3}、B{鶏ひき肉200g、章偉大2、砂糖大1、みりん大②、酒大1}、C{干ししいたけ5枚、しょうゆ大2、砂糖大1、みりん大2}、きぬさや100g、桜でんぶ適宜、紅しょうが適宜、ご飯丼2杯分

①Aをあわせてよく溶き、少量のサラダ油を引いたフライパンに流し入れ泡だて器でかき混ぜて煎り卵を作ります。

②鍋にBをいれ、煮立ったところへ鶏肉を加え、煮汁がなくなるまでかき混ぜ鶏そぼろを作ります。

③干ししいたけは水につけて柔らかくもどします。その後、石づきを取って半分に切ったものをせん切りにし、残りのCの材料で煮汁がほぼなくなるまで煮ます。

④絹さやは筋を取ってから塩茹でにし、酢f具に冷水にとり色鮮やかに下準備をします。

⑤④の絹さやは斜めにせん切りにします。

⑥ご飯を器に盛り上に①②⑤と③を細かくきざんだもの、桜でんぶを色よく盛り付け、紅しょうっがを天盛りにします。

●卵とみょうがのすまし汁

材料・・・卵2個、みょうが3個、だしカップ3.5

①みょうがはせん切りにし、溶き卵に混ぜます。

②だしを煮立てて酒大1/2、しょうゆ小1、薄口しょうゆ小1、塩小2/3で調味し、①を流しいれて半熟に火を通します。

●きゅうりもみ

材料・・・きゅうり1本、わかめ5g、すらす干し大3、A{酢大1.5、砂糖大1/2}

①きゅうりは小口から薄切りにし、塩少々をふってきつきもみ、手早く洗って水気をきつく絞ります。

②わかめはもどして食べよい大きさに切ってざるに入れて熱湯をかけます。

③食卓に出す直前にきゅうりとわかめ、しらす干しを合わせてAの甘酢をかけます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

チキンカレーの献立

●チキンカレー
 
材料・・・鶏骨つきもも肉2本、鳥骨なしもも肉2枚、A{ターメリック大2、カルダモン大3、クミン大1、メース大1、コリアンダー大2、クローブ第、ナツメグ1個分、シナモン2本分、赤とうがらし少々、}、玉ねぎ2個、にんにく1片文、小麦粉第3、スープストックカップ5~6、ケチャップ大1、りんご1/2個、ローリエ1枚、サラダ油・塩・こしょう各適宜、バター大3

①Aのうちターメリックを弱火で炒め、香りが出て青みがかったら粉末にしたほかのスパイスを加え、煎るように炒めてカレー粉を作ります。

②厚手鍋を熱して油大3~4流し、玉ねぎのみじん切りを弱火で、きつね色になるまで炒め、にんにく・しょうがのみじん切りを加えてさらに炒めます。

③玉ねぎがアメ色になって量も1/5くらいになったら①を大1.5入れて香りが出るまで炒め、小麦粉を入れてさらに炒めます。

④③にスープストックを3~4回に分けて序所に加えてケチャップ、すりおろしたりんご、ローリエを加えて蓋を開けたまま中火で20~30分煮ます。

⑤骨付き肉は半分に、骨菜氏は一口大に切って塩・こしょうし、油大1で炒めて焦げ目をつけ④のカレーに加えます。

⑥塩・こしょうで味を整え、バターの固まりを落して仕上げます。

●野菜の冷製スープ
    食欲の無い時に最適です。

材料・・・じゃがいも1個、玉ねぎ1/2個、キャベツの葉1枚、にんじん1/3本、ねぎ1/5本、みかんの缶詰少々、スープストックカップ4、サラダ油大1、塩・こしょう各少々

①じゃがいも、玉ねぎ、キャベツ、ねぎは全て1cm角の薄切りにします。じゃがいもは水にさらします。

②鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎ、キャベツ、にんじん、葱を入れて炒めます。野菜がしんなりしてきたらスープストックを流しいれて一煮た立ちさせ、水気を切った塩・こしょうで味を整えみかんを入れます。

③火からおろし荒熱を取ります。冷蔵庫に入れて充分冷やします。よく冷やした器にスープをそそいでいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

仔牛の煮込みの献立

●仔牛の煮込み

 ワインでじっくり煮込みました。

材料・・・仔牛のすね肉(2cm厚さのもの)5切れ、玉ねぎ1個、にんじん1本、にんにく1片、トマト250g、小麦粉3~4g、ローリエ2枚、白ワイン1リットル、マッシュルーム15個、塩・こしょう・バター各少々

①玉ねぎ、にんじん、ねぎ、にんにくはそれぞれ薄切りにします。

②トマトは湯むきします。

③フライパンにバター少々を熱し、仔牛肉をこんがりと焼き鍋に取ります。

④③のフライパンにバターを足して①の野菜を焦がさないように炒め、小麦粉を振り込み、よく混ぜてトマトを加えます。

⑤仔牛肉の鍋に④と白ワインローリエを加え、ふたをして弱火で1時間半煮込みます。

⑥肉を取り出して煮汁を煮詰め、マッシュルームの薄切りをバター少々でソテーしたものを加え、塩・こしょうで味を整えます。この中に肉を再び戻して温めたら出来上がりです。

*ポテトやグリーンアスパラをボイルして添えましょう。煮込みは弱火でじっくりとが信条。肉は一度焼いて表面に油の膜を作ってから煮込むことを忘れずに・・・・

●ファルシーサラダ

   パンのケースに詰めました。

材料・・・黒パン(大きなもの)1個、鞘インゲン300g、鶏のささ身200g、きゅうり2本、黒オリーブ10個、玉ねぎ1/3個、パセリ少々、A{サラダ油大3、酢大2、塩・溶きがらし・パセリのみじん切り各小1、朝つき7本、こしょう少々}バター、塩、こしょう各少々

①黒パンはふちを残して中身をくりぬきバターを塗ってオーブンで軽く焼きます。

②鶏のささ身は塩・こしょうして熱湯または白ワインカップ1/2でゆで、軽く裂きます。

③鞘インゲンは塩ゆでし、冷水に放して冷まし水気を切ります。きゅうりはたてに皮をむいて薄切りにし、玉ねぎも薄く切り水にさらし水気をよくきります。

④Aの材料をとろっとするまで混ぜてドレッシングを作ります。

⑤鶏のささ身と鞘インゲン、きゅうり、玉ねぎを合わせて黒パンに盛り黒オリーブとパセリを飾り、④のドレッシングを添えます。

●白身魚のオムライス

 オムレツのように仕上げました。

材料・・・2人分)冷ご飯300g、白身魚150g、塩・こしょう各少々、小麦粉適量、A{バター大1.5}、玉ねぎのみじん切り1/2個、トマトピューレ大5、バター大5、卵6個、生クリームまたは牛乳大2、キウイ・オレンジ各適量

①白身魚は1.5cm角に切って塩・こしょうして5分おき、小麦粉をはたきます。

②フライパンにAを熱し、①の魚の両面を焼きます。

③別のフライパンにバター大3を溶かし、玉ねぎのみじん切りをよく炒めてから五時半をほぐしいれ強火で切るように炒めて、トマトピューレ、塩、こしょうでさじを整えます。

④③に②の魚を加えて混ぜ、2等分します。⑤ボールに卵を割りほぐして生クリームを加え塩・こしょうしてよくまあ是合わせ、2等分します。

⑤フライパンに残りのバターを溶かして⑤を流し込み、半熟程度に焼き、ご飯にのせ、2つ折りにします。それを人数分行い、フルーツを添えます。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

マッシュポテトとひき肉のグラタンの献立

●マッシュポテトとひき肉のグラタン
    手軽で簡単にできますよ。

材料・・・(2人分)じゃがいも3個、玉ねぎ1個、ひき肉(牛でお合い挽でもOK)250g、バター大1.5、スープストック’(固形スープの素少々を溶いたもの)カップ1/3、生クリーム大1.5、グリエールチーズ40g

①じゃがいもは皮つきのままゆでて、、熱いうちに皮をむき、つぶして塩・こしょうします。

②玉ねぎはみじん切りにし、バターで色づくまで炒め、ひき肉をほぐしながら入れ塩・こしょうします。

③チーズは3mm各の棒状に切っておきます。

④バターうを塗った耐熱せいの器に①と②を交互に入れて重ねていきます。スープストックと生クリームを上から注ぎ、チーズをのせます。

⑤高温に熱したオーブンの上段に入れ、こげ色がつくまで焼けば出来上がりです。

●あさりのワイン蒸し
    にんにくとワインが効いた料栄です。

材料・・・(4人分)あさり500g、玉ねぎ50g、にんにく1片、パセリのみじん切り大1~2、白ワインカップ1/3、

①あさりは薄い塩水に半日~ひと晩つけて、よく塩をはかせます。砂をはかせたあさりはきれいに洗ってザルに上げます。

②玉ねぎ、にんにくは各々みじん切りにします。

③鍋にあさりを入れて火にかけ、玉ねぎ、にんにく、パセリを入れ、ワイン、塩・こしょう少々をふりかけて蓋をします。強火で手早く調理し、煮立ってあさりの口が開いたらすぐに火をとめます。器に盛って熱いうちに頂きます。

ワインの代わりに日本酒を使う時はねぎとしょうがのみじん切りにするといいですよ。

●田舎風ミネストローネ

材料・・・須磨ベティ100g、玉ねぎ200g、にんじん80g、セロリ1/2本、じゃがいも200g、キャベツの葉2枚、トマト中1個、にんにくのせん切り少々、オリーブ油大2、バター大1、スープストック恋系スープ2個を溶いたものカップ5、塩小1/2、こしょう少々、シェリー酒小2、パセリ・パルメザンチーズ少々

①スパゲティはふきんに包み、しごいて細かくします。

②玉ねぎは1cm角に切り、にんじん・セロリ・キャベツ・じゃがいもも同じ大きさの色紙切り、にし、水に放します。このとき玉ねぎ50gは別にしておきます。

③トマトは湯むきしてから細く刻みます。

④スープ鍋にオリーブ油とバターを熱し、にんにくのせん切りとよけておいた玉ねぎを入れて炒めます。

⑤玉ねぎがしんなりしてきたら、水気をきった②の野菜を入れ弱火にしてシテ15分ほど蒸し煮にします。

⑥⑤の野菜の量が半分くらいになったらひたひたにかぶる程度のスープストックを注ぎ入れ、③のトマトを加え、さらに野菜が柔らかくなるまで煮ます。

⑦野菜に八文目くらい火が通ったら塩と残りのスープストックを入れて一煮立ちさせます。

⑧⑦に一のスパゲティを加え、さらに10分くらい煮ます。

⑨最後に塩・こしょう、シェリー酒で味を整え、器に盛り、パセリとパルメザンチーズを振り掛けて出来上がりです。

充分、おなかが一杯になりますよね。

*胃の弱い知り合いが根菜のスープを毎日飲み続け、治ったと聞いたことがあります。根菜だけのスープもたまには良いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月23日 (木)

白身魚のマネーズ焼きの献立

●白身魚のマネーズ焼き
    淡白な味にバターの風味をプラス!

材料・・・(4人分)白身魚の切り身4切れ、玉ねぎ1個、バター代、えのきだけ100g、マヨネーズ大2、パセリのみじん切り少々、A{香味野菜(玉ねぎ白ワイン、にんじん、セロリに薄切り各少々)白ワインカップ1/4、水カップ1.5、塩・タイム・ローリエ各少々}

①白身魚は3枚にそぎます。鍋にAを入れて5分ほど煮、そこに魚を入れて5~6分煮、そのまま冷まし身を崩さないように皮を取ります。

②棚ねぎは輪切りにし、バター大1で炒め、塩・こしょうをし、えのきだけも根元を取って残り野畑ーで炒め、塩・こしょうします。

③セロファン紙にバターを塗り、玉ねぎ、魚、えのきだけの順に重ね、マヨネーズを等分にかけます。セロファンの4つ角をつまんでオーブンで10分ほど焼きます。器にもり、パセリをちらせば出来上がりです。

セロファンは食べる直前に開きましょう。

●牛肉のセロリ巻き

材料・・・(4人分)牛薄切り100g、塩小2、チーズ薄切り2枚、セロリ5cm、油小2、しょうゆ・みりん各小2 あればレタス少々

①お肉にお酒を振りかけて、チーズとセロリは細切りにします。

②チーズとセロリを牛肉できっちり巻きます。

③フライパンに油を熱し、②を入れて焼き、しょうゆとみりんで味をつけます。

④できればレタスをお皿の上に敷いて③を盛りつければ、お酒のおつまみ完成です。

●即席トマトスープ

材料・・・トマトジュース1冠、ねぎ1本、豆腐1丁、卵1~2個、固形スープ2個

①ねぎは小口切りにし、豆腐は小さなさいの目切りにします。

②固形スープを砕いてお湯カップ3に入れてとかしておきます。

③鍋にバター大1を溶かし、ねぎの白い部分をを入れ、焦がさないようにシンナリ炒め②のスープとトマトジュースを入れて暖めます。

④塩、こしょうで調味し、豆腐を入れてあつくなったら味を補い、溶き卵を流しいれます。半熟程度になったらふたをして火を止めて蒸らします。

⑤器に盛り、ねぎのねぎの葉先を近江として散らしてできあがりです。

●キャベツとさけ缶の甘辛煮

材料・・・キャベツ300g、さけ缶1缶、しょうがの千切り15g

煮汁・・・だし汁カップ1/2、お酒大2、砂糖大1、しょうゆ大3/2~2

①キャベツは硬い芯をとり手で大きめにちぎり、水気をよくふき取っておきます。

②させ缶は汁気をきり、あらくほぐします。    
 
③しょうがは水にさらし、ざるにとって水気をとっておきます。

④鍋にキャベツを半量入れ、抑えるようにしてかさを減らし、さけを散らしてのせて、残りのキャベツえお重ね入れます。煮汁のだし汁、調味料を加え強火にかけ、ふたをして蒸し煮にします。底の方のキャベツがシンナリしてきたら上下を返し、さらに
5~6分蒸します。

⑤さけがくずれてキャベツにからまるようになったら火を止め、しょうがを散らして火と混ぜし、できあがりです。 

   あっさりしていながら、キャベツを思っている以上に摂れるのが嬉しい一品です。 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年7月22日 (水)

牛たたきの混ぜ寿司

   一手間かけたご馳走すしです。

材料・・・寿司めし{お米カップ3、昆布10cm、酒大2、酢大5、砂糖大2.5、塩小3/4}、牛固まり肉300g、A{塩・こしょう各少々}、サラダ油少々、B{酒・しょうゆ各大2}、ねぎ・青じそ各適宜

①寿司めしを作ります。お米は洗ってざるにあげ、30分おきます。炊飯器にお米を入れて水とお酒をメモリまで入れ、昆布を加えて普通の炊きます。酢・砂糖・塩をよく混ぜ砂糖と塩を溶かして寿司酢を作り、炊き立てのご飯にふって切るようにサックリ混ぜます。

②牛肉はAをすりこんで下味をつけます。フライパンを熱して油を馴染ませ、肉を入れて転がしながら焼き、表面にきれいな焼き目をつけて焼き油をふき、Bをまぶして蓋をし、7分蒸し焼きにしてバットなどにとり冷まします。

③②を食べやすい大きさの薄切りにして、焼き汁をからめます。

④ねぎは5cm長さに切り、縦に1本切れ目を入れて芯を除き、白髪ねぎにします。

5器に青じそを敷き、寿司めしを盛り、③っをのせ、白髪ねぎ、赤たでを散らします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

いかとたこのトマト煮の献立

●いかとたこのトマト煮
    いかとトマトは相性バツグンです。

材料・・・いか1杯、たこの足1本、オリーブ油カップ1/4、玉ねぎ100g、にんにく3~4片、赤とうがらし1/2本、ローリエ1枚、白ワイン大3、トマト400g、

①いかは足を抜き、ワタを取り除き、皮をむいてさっと湯通しし、胴を1gm幅に切ります。足は食べやすい大きさに切ります。

②たこの足はゆでて一口大に切ります。

③鍋にオリーブ油を熱し、いかとたこに軽く小麦粉をまぶしてからさっと炒めて取り出します。

④③の鍋にみじん切りにした玉ねぎ、にんにく、パセリ、小口切りの赤とうがらし、ローリエを入れ炒め、白ワインと刻んだトマトを加え、塩・こしょうして10分ほど煮込み③を入れてさらに10分ほど煮込みます。

⑤器に盛りパセリをちらしてできあがりです。

 いかは刺身用の足やワタをとったものを使っても大丈夫です。

●卵の三色炒め
    たまに変わった卵料理はどうですか?とっても簡単ですよ。

材料・・・卵4個、にら1把、はるさめ50g、しょうが・にんにくのみじん切り各大1/2

①卵はボールに割りほぐし、塩、化学調味料をふって軽く味をつけておきます。

②にらは5cmに切ります。

③春雨はざっとゆがいてもどし、冷水に取ります。冷めたら適当に切り、ざるにとっておきます。

④中華なべに油大3を入れよく熱し、①の卵を一度にいれやわらかいおおまかないり卵を作り、一旦お皿に取ります。

⑤油を少し足してしょうが、にんにくを炒め、香りがしてきたら春雨を加え、酒大3、塩小1を加えて鍋の隅に寄せにらを加えさっと火を通します。

⑥④のいり卵を戻し軽くかき混ぜ、火を止めます。

油をローコレステロールのものに変えることをお勧めします。中華はどうしても油を多く使うので。

    物足りなさうを感じたら、ハムの千切りを散らしてもいいですよね。

●たこときゅうりのサラダ

材料・・・ゆでだこ100g、きゅうり2本

ドレッシング・・・サラダ油大2.5、酢大2.5、塩小1/、しょうが汁少々

①ゆでだこはさっと洗って、薄く削ぎ切りし、ドレッシングに10分ほどつけ、味を馴染ませます。

②きゅうりは短冊切りにし多別時に①にまぜあわせます。

●青菜と油揚げのからし揚げ

材料・・・小松菜3000g、あぶらげ1枚

①小松菜は色よくゆで水気を切り、2ccm長さに切り、しょうゆを少し振ってもういちど水気を切ります。

②あぶらげはさっと焼き、細切りにします。

③唐辛子小1~1.5、砂糖小1、しょうゆ大1を混ぜ合わせ、①と②を混ぜ合わせてできあがりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

鶏肉と野菜のけんちん炒めの献立

●鶏肉と野菜のけんちん炒め
    塩味がご飯にぴったり。つと美の一気炒めでしゃきっと!

材料・・・鶏むね肉(皮なし)1枚、A{酒大1/2、塩ひとつまみ、こしょう少々サラダ油少々、片栗粉小1}、木綿豆腐1丁、干ししいたけ4枚、ゆでたけのこ100g、にんじん50g、ピーマン2個、ねぎ1本、しょうが1片、ごま油大1、サラダ油大1、酒大1、塩小1、こしょう適量

①豆腐はふきんに包んで平らな重しをのせて厚みが半分になるまで水切りします。

②鶏肉は細切りにして、Aで下味をつけます。

③干ししいたけはもどして薄切り、たけのこ、にんじん、ピーマン、ねぎはそれぞれ5cm長さの細切りにします。

④しょうがは皮付きのままたたきつぶします。

⑤豆腐は横に3つに切り、端から5mm厚さに切ります。

⑥中華鍋に油2種を熱してしょうがを炒め、鶏肉を炒めてしょうがを取り出します。

⑦③の野菜を順に加えて炒め、酒、塩で調味し、豆腐を加えて炒め合わせこしょうを多目にふります。

●長いもとわかめの酢のもの
     少し甘めの合わせ酢で。ながいもは切るより、砕くと簡単です。

材料・・・長いも100g、酢少々、きゅうり1本、塩少々、わかめ(塩蔵)20g、A{酢大2、砂糖小1.5、塩少々、だし汁大1}芽たで少々

①長いもは皮をむいて薄い酢水につけ、ビニール袋に入れて叩き砕きます。

②きゅうりは薄い輪切りにして塩をふり、しんなりさせて水気を絞ります。

③わかめは塩を洗って水につけてもどし、熱湯をかけ、冷水につけ、ざく切りに。

④あわせずを混ぜます。器に長いも、きゅうり、わかめを盛って合わせ酢をかけ、芽たでを天もりにのせます。

●あさりの和風スパゲティ
    一緒盛りにしてみんなで取りながら食べましょう。

材料・・・スパゲティ180g、殻つきあさり250g、塩適量、生しいたけ1パック、酒カップ1/8、しょうがのみじん切り1片分、A{七味唐辛子少々、しょうゆ大2、みりん大1.5}、ごま油大1.5、あさつきの小口切り適宜

①あさりは洗って塩水につけ、砂だしをしておきます。

②生しいたけは軸をとり、小さめの角切りにします。スパゲティをゆで始めます。

③平鍋に砂だしをして水気をきったあさりを入れて火にかけ、お酒を振っていり煮にします。口が開いたらしいたけ、しょうがを加えて一煮し、Aを加えて混ぜます。

④ゆでたてのスパゲティのごま油をからめ、③の具とあわせて手早く全体に混ぜます。器にもり、あさつきの小口切りを散らします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

オルロフ風ポークソテーの献立

●オルロフ風ポークソテー
     こくのあるソースをかけたご馳走です。

材料・・・(4人分)豚の赤身ロースの切り身150g程のもの4枚、ナチュラルチーズ150g、にんにく1片、エシャロット2本、マッシュルーム12個、サラダ油大1、小麦粉大1.5、酢0ぷストックカップ1、バター大1、生クリームカップ1

①豚肉はスジ切りし、塩・こしょうし、小麦粉をまぶしてサラダ油で両面焦げ目をつけて焼き、天板に並べます。肉の焼き汁はとっておきます。

②肉と肉の間に薄切りしたチーズをたっぷりはさみ、200度のオーブンに入れて20分くらい焼きます。

③にんにくとエシャロットはそれぞれみじん切りにしておきます。

④①の焼き汁を鍋に入れて熱し、③を炒め、小麦粉を加えてさらに炒め、スープストックを少しづつ足して延ばしていきます。

⑤マッシュルームは薄切りにしてバターで炒め軽く塩・こしょうします。

⑥⑤を④に入れ生クリームも加えとろりとしたら、塩味を整えます。

⑦焼き上がった肉に⑥のソースをたっぷりとかけて出来上がりです。

●コールドサーモンサラダ
     サラダというより魚料理!?

材料・・・(4人分)生さけ4切れ、A{玉ねぎ・にんじん各少々、酢小2}じゃがいも4個、玉ねぎ1個、きゅうり1本、フレンチドレッシング、レタス・パセリ各少々、B{サラダ油大3、酢大2、塩小2/3、こしょう少々}、生クリーム大2

①さけは塩・こしょうし、ひたひたの水にAの薄切りのたまねぎとにんじん、酢を加え、蓋をした10分くらい蒸し煮にします。そのまま冷まして皮を丁寧にとります。

②玉ねぎは薄切りにし、軽く塩をふって15分おき、ふきんにつつんで水で洗い絞ります。きゅうりも皮をむいて薄切りにし、塩水につけてしんなりさせ、水気をしぼります。

③じゃがいもは皮つきのまま、まるごとゆでて熱いうちに皮をむき、5~6mmの小口切りにしてフレンチドレッシングをかけて②と混ぜ合わせます。

④Bに生クリームを加え混ぜます。

⑤器にさけとポテトを盛り、④のソースをさけにたっぷりかけ、横のじゃがいもトマト、パセリを添えます。

ポテトは普通のポテトサラダでもいいですが今回はサラダなので酸味を効かせたフ連理ドレッシングはさけに合いますよ。

●じゃがいものオムレツ・スペイン風

材料・・・(4人分)じゃがいも4個、玉ねぎ1/4個、卵4個、塩小1、サラダ油カップ1/2

①じゃがいもは4つ割りにして端はら3~4mm厚さに切り、水にさらし、ザルにとって水気を取ります。玉ねぎはみじん切りに。

②ボウルに卵を割りほぐし、塩小1/3を混ぜます。

③フライパンに油を入れて170度に熱し、じゃがいもを煮るようなかんじで炒めます。じゃがいもがすっかり柔らかくなったら蓋などでじゃがいもを押さえ、油を別器のあけます。玉ねぎを加えてじゃがいもに絡まっている油で炒めます。

④玉ねぎが透き通ったら、塩小1/2をふって味をつけ、②の卵に加えてまぜます。じゃがいもの余熱で卵にとろみがつくようにします。

⑤フライパンに油大2を熱し、④の溶き卵一度流し入れ、強火で丸く焼きます。表面がかたまったら蓋をして裏返しにし中までひを通すとジャンボオムレツの出来上がりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

豆腐とツナの袋煮の献立

   崩した豆腐とツナを詰めた油揚げを薄味で煮含めました。

材料・・・豆腐1丁、油揚げ4枚、にんじん30g、きくらげ(もどしたもおの)30g、ツナ缶30g、溶き卵1/2個分、しょうが汁小1、塩・薄口しょうゆ・塩各少々、A{だし汁カップ2、しょうゆ大2、酒大2、みりん大1}さやいんげん適宜

①豆腐は耐熱性の皿にのせ、ラップなしで電子レンジに2分かけ、水きりし、つぶすて水気をきります。

②にんじん、きくらげはせん切りにし、ツナはほぐします。

③ボールに①の豆腐を入れて卵、しょうが汁、砂糖を加え混ぜ、にんじん、きくらげ、ツナも混ぜます。

④油揚げは耐熱性のボールに入れて水カップ1を注ぎ、ラップで落し蓋をしてレンジで2分加熱します。半分に切って袋に開き、③を詰めて楊枝で止めます。

⑤耐熱性のボールに④を入れて煮汁を加え、ラップで落し蓋をしてレンジで10分途中で2~3回混ぜて煮含めます。

⑥器に盛り、ゆでたさやいんげんを飾ります。

●卵と貝割れ菜の炒め物
    火の通りやすい材料ばかりなので短時間サッと炒めてOKです。

材料・・・卵4個、貝割れ菜2パック、塩小1/4、こしょう少々、しょうゆ小1、サラダ油大3

①貝割れ菜は根を切り落し、根元をつかんで水洗いし、水気をよくきって半分の長さに切ります。

②卵は割りほぐし、塩・こしょう・しょうゆを混ぜ、貝割れ菜を加えてざっと混ぜます。

③中華鍋を熱してサラダ油を入れて馴染ませ、強火で卵をいっきに流しいれます。底のほうからフワっと膨らんできたら手早く大きく炒め、柔らかめで器に盛ります。

●いかと玉ねぎのかき揚げ
   熱々の欠け汁をはり、おぼろ昆布をのせて一味わえました。

材料・・・ロールいか150g、玉ねぎ1個、A{卵1個、冷水カップ1/2、小麦粉カップ1、青のり大1、塩ひとつまみ}、小麦粉大1、揚げ油適宜、レモンの半月切り適量、一味唐辛子(好みで)

①ロールいかは解凍して残りの薄皮をむき、両面に格子の切り目を細かく入れて1cm角に切ります。玉ねぎは皮をむいて縦に4つ割りにして、縦の薄切りにします。

②衣を作ります。卵を溶いて冷水と混ぜ、ふるった小麦粉、青のり、塩の順に加え、サックリ混ぜてぽってりとした衣を作ります。

③いかに小麦粉をまぶし、玉ねぎと一緒に衣に入れ、ざっと混ぜます。

④170度に熱した揚げ油煮③をスプーンですくって入れ、箸で軽く押さえて散らないようにします。周りから出る泡が小さく静まるまでじっくり揚げ、油をきります。

⑤器に盛り、すだちなたはレモンを添えて好みで一味を添えます。

●切干大根とほうれん草のごま和え
   半ずりしたごまにしょうゆを加えるだけ。甘味なくシンプルにしました。

材料・・・切干大根20g、ほうれん草1束、A{いり白ごま大3、しょうゆ大2}、紅しょうが適量

①切干大根は水につけてもどし、水気をしっかり絞って3cm長さに切ります。

②ほうれん草は熱湯でゆで、冷水にとって水気を絞り、3cm長さに切ってもう一度水気を絞ります。

③すり鉢にごまを入れて半ずりし、しょうゆを加えてよく混ぜ合わせ、和えごろもを作ります。

④紅しょうがはせん切りにします。

⑤切干大根とほうれん草を③で和え、器に盛って紅しょうがをのせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

さばと昆布の煮物の献立

●さばと昆布の煮物
     しょうゆとしょうがで味つけた中華風です。

材料・・・さば1尾、昆布1枚(20g)、ねぎ2本、しょうが1片、A{しょうゆ・砂糖・酢各大3、酒大2}、B{しょうゆ・ごま油・みりん各大1}

①さばは頭を落し、ワタを取り、きれいに洗い、2.5~3cm厚さの筒切りにします。それをボールに入れて熱湯を回しかけ、さばの臭みをとり、ざるにあげます。

②ねぎは5cm長さのぶつ切りにします。しょうがは薄切りにします。昆布は鍋の底に合う長さに切ってさっと水洗いします。

③鍋に②の昆布とお湯カップ1.5を入れて、少し煮立ててからAと②のねぎとしょうがを加えて煮立てます。①のさばを重ならないように並べて中火で煮ます。おおよそ煮たらBを回し入れてよく煮付けます。

④お皿に盛り、昆布を細かく切って添えます。

●さといもと豚肉の炒め物

材料・・・さといも300g、片栗粉・揚げ油・油各適宜、豚ロースの薄切り肉200g、A{酒・しょうゆ各小1/2}、干ししいたけ4枚、ブロッコリー100g、ねぎ5cm、しょうがの薄切り4枚、にんにく1片、B{砂糖小1/2、塩小2/3、しょうゆ大1.5、酒大2}

①さといもは15分ほど蒸して皮をむき、片栗粉をまぶし、油で揚げておきます。

②豚肉は一口大に切り、Aをふっておきます。干ししいたけはもどし、石づきを取り、4つに切り、ブロッコリーは小房に分けて塩ゆでします。

③ねぎ、しょうがはみじん切りにします。

④中華鍋に油大3を熱し、③と豚肉を入れて炒め、肉の色が変ったら、しいたけ、さといも、ブロッコリーを加え、ざっと炒め合わせ、Bの調味料を加え、汁気が無くなるまで煮詰めます。

●春雨と薄焼き棚保のサラダ
      オイルなしもあっさりドレッシングで

材料・・・春雨100g、玉m後2個、A{砂糖・酢各小1、塩・サラダ油各少々}、サラダ油少々、セロリ1本、ハム5枚、B{酢大3、塩小1、薄口しょうゆ小2、砂糖大2、みりん大1、だし汁大2}、いり白ごま(荒くたたく)

①春雨をもどします。ボールに入れて熱湯をかけ10分おきます。透き通ってきたらざるにとって水をきり、食べやすい長さに切ります。

②卵はほぐしてAを混ぜフライパンに油を引いて薄焼き卵を2枚焼きます。長さを半分に切り、くるくると巻いて線きりにします。

③セロリは筋を取って3~4cm長さの細切りにします。ハムも同様に切ります。

④Bを合わせます。

⑤春雨、セロリ、ハムをあわせて④を少々絡めて汁気を切り、卵を加えて残りの④で和えます。器に盛り、ごまをかけます。.

●トマトのおかかじょうゆ

材料・・・(4人分)トマト2個、オクラ10本、塩適量、かつお節1パック、しょうゆだし1.5

①トマトは湯むきして、一口大の乱切りにして冷蔵庫で冷やしておきます。

②オクラは塩を多目にふって軽く揉み、表面のうぶげをとります。熱湯で色鮮やかにゆでてザルにとり、冷水をかけて冷まします。

③削り節は空鍋に入れ、やや弱火でいりつけて風味を出し、広げてさまします。

④食べる直前にトマトとオクラを合わせ、削り節であえて器に盛り、しょうゆをまわしかけて出来上がりです。

 かつお節はからいりすると風味が増しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月15日 (水)

チキンのトマト風煮込みの献立

●チキンのトマト風煮込み

材料・・・鶏肉480~500g、塩・こしょう各少々、小麦粉少々、玉ねぎ1/2個、にんにく1片、トマトソースカップ2、白ワインカップ1/2、ローリエ1枚、油大6

①鶏肉は身のほうに3~4ヶ所包丁目を入れ、ぶつ切りにし、塩・こしょうして小麦粉をまぶします。

②フライパンに油大3を入れて熱し、つぶしたにんにくを入れてきつね色に炒めてから鶏肉を両面焼き、白ワインをふりかけます。

③煮込み用の鍋に油大3を入れて熱し、薄切りの玉ねぎをしんなりするまでよく炒め、鶏肉を入れます。

④鶏肉がかぶるくらいの水(またはブイヨン)カップ2.5~3を加えローリエ1枚を入れます。

⑤さらにトマトソースを加え、よく混ぜ合わせ、ふたをして中火で煮込みます。一煮立ちしたらふたをとり、とろりと煮込みます。

●スペイン風たらのマリネ

材料・・・塩たら3切れ、塩、ピーマン1個、赤ピーマン1個、イタリアンドレッシングカップ2/3、レモンの半月切り4枚

①たらは薄い塩水に入れて2時間ほどつけ、さらに真水に変えて冷蔵庫に2時間くらい入れ塩抜きをします。

②たらの水気をふき、食べやすい大きさにほぐします。

③ピーマン、赤ピーマンはヘタを取り、せん切りに。

④ボールにたら、ピーマンを入れイタリアンドレッシングをかけ、レモンを加え1時間ほど漬け込み、器に盛ります。

*イタリアンドレッシングはフレンチドレッシングカップ1に対しておろしにんにく1片   分、マスタード小1/2、砂糖小1、塩小1/2、オリーブまたはケイパーのみじん切り少々の割合で混ぜ合わせて作ります。

●ポテト・ヴォアサン
    相性のいいベーコンと合わせた1品です。

材料・・・じゃがいも600g、塩小1/2、こしょう少々、A{バター大2、小麦粉大2、牛乳カップ2、固形スープの素1/2個、おろしチーズ大2)、バター大4、ベーコン4枚、おろしチーズ大2、パプリカ少々、クレソン1束

①じゃがいもは皮をむき4mm厚さのいちょう切りにして、水に放った後、4分間ゆでてざるにあげ、塩こしょうします。

②Aの材料でモルネーソースを作ります。鍋にバターを大1溶かし、小麦粉を振りいれ焦がさないように、2~3分炒めます。そこへ固形スープの素と牛乳をいっきに加えてよく混ぜ合わせ、弱火で20分煮、仕上げにおろしチーズとバター大1を加えます。

③ベーコンは細切りにします。

④バターを塗った型に②を少し敷いて①と③を1/4量のせ、おろしチーズをふります。これを4回繰り返し、最後に残りのバターをのせて230度のオーブンで焼く30分焼きます。

⑤型から出して器に盛り、クレソンで飾り、パプリカを振ります。

   この献立はパンのほうが合うと思いますよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

久々のオードブル編です

●いかのワイン蒸し
    冷製がこの時期嬉しい

材料・・・いか2杯、ライブオリーブ8個、にんにく1片、ケイパー12個、パセリ少々、アンチョビ2尾、パン粉カップ1/2、A{白ワイン大1、サラダ油大1}、白ワインカップ1、サラダ油大2、塩少々

①いかの胴は皮をむいて足はみじん切りにします。

②ライブオリーブは種を取ってみじん切りにし、にんにく、ケイパー、パセリもみじん切りにします。アンチョビはすりつぶしておきます。

③ボールにいかの足と②を入れ、パン粉を加えて混ぜ合わせ、Aを入れてよく練ります。

④いかの胴の中に③の材料を詰め、下のほうを楊枝でとめます。

⑤浅鍋に④のいかを並べて白ワイン、サラダ油、塩を入れ、アルミ箔でしっかりふたをして、弱火で20分蒸し煮にします。

⑥⑤のいかは輪切りにして、お皿に盛り付け、パセリとエンペラを飾ります。

   *鍋ではなく、オーブンを使う場合は強火で10分蒸し煮にするといいでしょう。

●アスピックサラダ

材料・・・(15x60cmの角型一個分)えび12尾、きゅうり1本、レモン輪切り8枚、白ワインカップ1.5、粉末ゼラチン15g、塩・こしょう・サラダ油・クレソン各少々、A{サラダ油カップ1/3、酢カップ1/3、塩・こしょう少々、生クリーム大1、サワークリーム大1}

①粉末ゼラチンは白ワインカップ1/5を振り入れておきます。

②えびは殻をむいて背ワタを取り、小鍋に入れて水大2と塩・こしょうを入れサッと煮て冷まします。

③きゅうりは薄く切ります。

④鍋に水カップ1.5を入れ、塩・こしょうをふりこんで煮立て火を止めて①を加えて溶かします。残りの白ワインを加え冷水につけながらとろみをつけます。

⑤型にサラダ油を塗り冷蔵庫で冷たくしておきます。

⑥⑤の④のゼリー1cmほど流して冷やし固め、レモンを敷き、②と③を散らしその上にゼリー液を大3ほど流し固めます。これを何回かに分けて行います。

⑦器に⑥を型から抜いてクレソン、Aのドレッシングを添えます。

●パエリア風リゾット

材料・・・(4人分)お米カップ3、玉ねぎのみじん切り大2、バター大2、白身魚2切れ、赤身魚半身、はまぐり5~6個、えび8尾、ハム100g、ピーパン2個トマト1個、スープストック固形スープの素1個を溶かしてカップ4、塩小1、カレー粉小1/2、サフラン・塩・こしょう各少々

①お米は宅30分前に洗ってざるにあげておきます。

②サフランは大2~3のに水に浸しておきます。

③魚は1切れを3つに切り、えびは皮をむいて背ワタを取り、塩・こしょうしてサラダ油で炒めておきます。

④ハムは大きめの一口大に。

⑤ピーマンはへたを取って細切り、トマトは湯むきして皮と種をとり、くし切りにします。

⑥厚手の深鍋にバターを溶かし、玉ねぎを透き通るくらいまで炒め、①のお米をいれてよく炒めます。そこへ②のサフラン汁とカレー粉を加えさらに炒めます。

⑦⑥に③④⑤とはまぐり、スープストックを加え塩。・こしょうを入れ蓋をして中火で炊きます。沸騰したら弱火で15分炊き、さらに10分蒸らし少し汁気のある感じに仕上げます。

●ハンガリアングーラッシュ
     パプリカをきかせたコクにある一品です。

材料・・・(4人分)牛薄切り肉400g、バター・サラダ油大1、にんにく1片、トマトピューレカップ1、ドミグラスソース1缶(300g)、ローリエ2枚、マッシュルーム250g、バター大1、パプリカ代/3、生クリームカップ2/3、塩・こしょう各少々、リボンパスタ300g、バター大1

①牛肉は一口大に切り、軽く塩・こしょうします。

②にんにくはみじん切りにし、マッシュルームは4つ割りに切っておきます。

③鍋にバターとサラダ油を入れて、②のにんにくを入れ香りが出てきたら①を加え焦げ目を少しつけながら炒めます。

④トマトピューレを③に加え水分を蒸発させるように炒めてからめます。

⑤ドミグラスソースをも加え炒めます。

⑥水カップ2を3回に分けて加え、ローリエを入れて蓋をしないで煮詰めます。

⑦マッシュルームをソテーし、⑥に加え、パプリカも加えて10分にます。

⑧生クリームを入れて塩・こしょうで味を整えます。塩ゆでしたパスらにバターをからね、器に盛りファン分はパスタ、その横に⑦を添えて出来上がりです。パスタはリボンのよう平らなものが味が馴染みやすいでしょう。

●スペアリブの香味焼き

材料・・・(4人分)スペアリブ(200gくらいのもの)4枚、A{しょうゆカップ1/2、サラダ油カップ1/4、溶きからし小1、砂糖大1、にんにくのみじん切り1片分、赤とうがらし3本、ローリエ2枚}、トマトケチャップカップ1/2、ウスターソース

①平らなバットでAの調味料をよく混ぜておきます。

②①の中にスペアロイブをつけて、時々裏返し、味が均等にしみこむまで4~5時間漬け込みます。

③オーブンを200度にあたためておきます。

④天板に②を汁ごと入れて200度にあたたまったオーブンの下火を入れ20分くらい焼きます。

⑤トマトケチャップ、ウスターソース、レモン汁をよく混ぜ合わせます。

⑥オーブンの上火を入れて④に⑤の1/2量まずかけて焼き時々⑤を塗りながら40分くらいで焼き上げます。

*スペアリブは豚のアバラ骨で肉はあまりついていませんがカラリと焼き上げると肉が骨から離れるほどになってそれがおいしいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

たらの豆板醤蒸しの献立

●たらの豆板醤蒸し

材料・・・(4人分)たらの切り身4枚、A{酒・塩各少々}ピーマン1個、パプリカ1個、しょうが1片、ねぎ1本、豆板醤大1、酒大2、ごま油大1、B{砂糖小1/2、しょうゆ大1}赤とうがらし少々

①たらは盆皿の並べ、Aをふり、15分おきます。

②ピーマン、パプリカは立て半分に切って種とヘタを取り、細切りにします。しょうがはせん切り、ねぎは5cm長さのせん切りにします。

③にんにくはみじん切りにして豆板醤と混ておきます。

④少し深みのある器に①のたらの水気を拭いて並べ、酒をふりかけ、しょうが、ねぎ、ピーマン、パプリカを散らします。ねぎはかざり用に少し残しておきます。

⑤深鍋に付近を敷いて水を2cm深さに入れ④を器ごと入れます。蓋をして強火にかけ煮立ったら弱火にして12~15分蒸します。

⑥蒸している間に③をごま油で炒め、香りが出たらBと好みによって赤とうがらしを加えて炒め蒸したての⑤にかけ、ねぎを飾り出来上がりです。

●えびと豆腐の炒めもの

   和洋折衷の味をミックスしてコクのある一品です

材料・・・(4人分)えび15尾、A{しょうが汁小1、酒小1、塩少々、こしょう少々、片栗粉小2、サラダ油少々}、木綿豆腐1丁、塩少々、オクラ8本、しょうが1片、赤とうがらし2本、B{しょうゆ大1.5、ケチャップ大1、酒大1、砂糖大1/2、塩小1/2、カレー粉小1/3}、サラダ油大2、片栗粉小2、水大1、ごま油少々

①えびは塩水で洗って水気をふきとり、背側に切り込みを入れて背綿を取ります。殻をむいてボウルに入れ、Aの下味をの材料を順に加えてもみこむようにして絡め15分おきます。

②豆腐は3cm角に切り、塩少々えお入れた熱湯に入れ、火を弱めて軽くゆで、ザルにあげておきます。オクラはさとゆで、水気をきり、斜め半分に切ります。しょうがはたたきつぶし、赤とうがらしは水でもどして種をとり、半分にちぎります。

③ボウルにBを入れ水カップ1/2をまぜておきます。

④中華鍋を熱して油をなじませ、しょうがと赤とうがらしをゆっくりと炒め、取り出します。その鍋の①のえびを入れて炒め、③の合わせ調味料を加えます。煮立ったら豆腐をオクラを加え、ひと煮立ちさせて水溶き片栗粉で問え小見をちけてごま油をおとして出来上がりです。

●豚肉とザーサイ炒め

   お弁当に使ってあまったお肉で

材料・・・(1人分)豚薄切り肉80g、ザーサイ15g、ねぎ15g、しょうが10g、酒大1、サラダ油小1、しょうゆ小1/2

①ザーサイは細切りにし、2~3分水につけて塩抜きします。

②豚肉は一口大に切り、ねぎとしょうがはせん切りにします。

③ザーサイは水気を切り酒大1/2をまぶし、残りのお酒は豚肉に振ります。

④フライパンに油を熱し、肉を焼き、ねぎ、しょうが、ザーサイを加えます。肉に火が通ったらしょうゆを入れさっとまぜて火を止めま
す。

お弁当を作ったおかあさんのお昼ご飯にもなりますね。

●変りピラフ

     冷ご飯で出来るのが嬉しい一品です。

材料・・・(2人分)玉ねぎ100g、ピーマン1個、ハム2枚、あさりの水煮缶1/2缶、おろしチーズ適量、冷ご飯2杯分

①あさりの水煮缶は感化ただし、汁気を取っておきます。

②玉ねぎ、ピーマン、ハムは1cm角に切りふらいぱんにバターを溶かして炒めます。野菜に火が通ったらアサリを加えさらに炒め合わせ、冷ご飯をほぐしながら加え炒めて塩・こしょうします。

③耐熱性の容器の②を1人分ずつ入れ、おろしチーズをたっぷりかけ、オーブンで焼きます。表面に軽く焦げ目がついたら出来上がりです。

 おいしいドレッシングをかけた野菜サラダと一緒に食べたいですね。このピラフは短時間で出来るのがポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

鶏肉とれんこんの南蛮煮の献立

●鶏肉とれんこんの南蛮煮 

材料・・・鶏もも肉250g、A{酒小2、しょうゆ少々}、れんこん250g、ぎんなん少々、塩少々、サラダ油大1、B{だし汁カップ2、砂糖大1、しょうゆ・みりん各大1.5、しょうゆ大2.5}

①鶏肉は一口大に切り、Aをからめておきます。

②れんこんは皮をむいて一口大の乱切りにし、煮ずにサッと漬けてあくを抜きます。

③ぎんなんは殻を取って塩少々を加えたひたひたの熱湯に入れ、玉じゃくで押し転がしながらゆでて薄皮をむきます。

④鍋を熱して油を馴染ませ、鶏肉を炒めます。肉の色が変ったらBのだし汁を加え煮立たせ、アクをすくいとります。Bの残りの材料を入れて調味し、中火で5分ほど煮ます。

⑤れんこんの水気を切って④に加えさらに5~6分煮ます。汁が少なくなったら時々混ぜ合わせ、最後は強火にして汁気を飛ばしてつやよく仕上げます。器に盛り、③のぎんなんを散らします。
     こくのある一品です。お弁当のおかずにもいいですよ。

●生ざけの青じそはさみ揚げ

材料・・・生ざけ(切り身)4切れ、青じそ4枚、梅干3個、みりん小2、A{小麦粉・溶き卵・パン粉各適宜}

①生ざけは切り身の熱いものを求めて、身の厚みに包丁の先で深く切れ目を入れます。

②梅干は種を除いて細かく叩き、ペースト状にしてみりんで溶き延ばします。これをさけの切り込みに塗り、青じそを挟みます。

③②の小麦粉をまぶし余分な粉は軽くはたいて落します。溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。挟んだ切り口をしっかりと押さえます。

④揚げ油を170度に熱して③を入れます。表面が固まったら火を少し弱め、返しながら色づくまで揚げます。最後は強火にして油切れをよくします。

⑤揚げたてを立てかけるようにして盛り、食べやすく切ったセロリを添えます。

●青菜の茶碗蒸し

材料・・・小松菜3~4株、卵2個、だし汁カップ2、A{塩小1、酒小1、みりん小1、薄口しょうゆ少々}

①困るなはゆでておき。水にとり、水気を絞ります。

②卵をボールに割りいれ白身を箸で切るようにしてほぐし、だし汁を加えます。力強く混ぜると泡が立つので静かに混ぜて泡立つのを防ぎAの材料を入れます。万能こし器静かに通して決めを細かくします。

③②の卵液に①の刻んだ小松菜を入れて静かに混ぜ、蒸し茶碗に泡立てないように入れます。

④鍋にふきんを敷いて水を2cm深さまで入れ③の茶碗を並べます。鍋のふたをして強火にかけ、煮立ったら弱火で13分蒸します。

●厚揚げとさつまいもの含め煮

材料・・・厚揚げ1枚、さつまいも150g、切干大根50g、にんじん50g、サラダ油大2、A{だし汁カップ3、砂糖大3、みりん代1、しょうゆ大
1.5、薄口しょうゆ大2}

①厚揚げは立て半分に切り、端から1cm幅に切ります。

②さつまいもは皮つきで1.5cm幅の輪切りにし水に30分つけてアクを抜きます。

③切干大根は水に20分つけてもどし、水気を絞って食べよく切ります。にんじんは5mmくらいのいちょう切りにします。

④鍋を熱して油を馴染ませ、中火でにんじん、切干大根を軽く炒めます。Aのだし汁を注ぎ、厚揚げを加えて弱めの中火で7分煮ます。

⑤④にさつまいもを加え弱火で5~6分にてAの調味料を加えます。落し蓋をしさらに7~8分煮含めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

肉だんごのトマト煮の献立

●肉だんごのトマト煮

   赤ワインの香りと味がプラスされた一品です。

材料・・・(4人分)A{ひき肉400g、パン粉カップ1/4、牛乳カップ1/3、パセリのみじん切り大2、おろしチーズ大2、にんにくのみじん切り小1、塩・こしょう・ナツメグ各少々}ローリエ1枚、赤ワインカップ1/3、玉ねぎ200g、にんじん100g、セロリ1/2本、トマト(きざんだものカップ1、スープ大3、グリンピースカップ1/2、サラダ油、バター、小麦粉、にんにく

①Aの材料を混ぜ合わせて8つにまるめます。

②サラダ油とバターを各少々熱し、①に小麦粉を軽くまぶし全体に色よく焼きます。途中でローリエとにんにくの薄切り2枚を入れてさらに焼き、赤ワインを注いで少しにつめます。玉ねぎ、にんじん、セロリの太めのせんきりをいれ、ふたをして蒸し煮にし、野菜がシンナリしたらトマトろスープをいれ塩・こしょう・ナツメグで味付けをし、20分ふたをして煮込み、最後にグリンピースを加え2~3分煮込んでできあがりです。

   塩・こしょうというシンプルな味付けが赤ワインの風味をひきたたせるんですね。シンプルだけど、ハンバーグより大人の味です。

●洋風おでん

   普段のおでんより簡単です。

材料・・・フランクフルト4本、牛ひき肉200g、玉ねぎ1個、バター大1/2、卵1個、パン粉カップ1/4、小麦粉適量、油大2、にんじん1本、じゃがいも3個、小玉ねぎ200g、ブロッコリー1個、うずらの卵8個固形コンソメ2個、練りがらし少々

①フランクフルトは斜め格子に切れ目を入れます。

②玉ねぎはみじん切りにしてバターで炒め、冷まします。

③ボールのひき肉、②、溶き卵、パン粉、塩小1/2、こしょう少々入れてよく練り混ぜ、一口大bの丸めて小麦粉つけ、油を熱した中でころがしながら周りを炒めます。

④にんじん、じゃがいもは乱切りにしじゃがいもは水にさらし、小玉ねぎは皮をむきます

⑤深鍋の水カップ10と固形コンソメを砕きいれ③と④っを加えてアクを取りながら20分煮ます。

⑥ブロッコリーは小房に分けて茹で、塩・みりん各少々をふり、うずらの卵はゆでて皮をむき、2個ずつ楊枝にさします。

⑦⑤の鍋にフランクフルトと⑥の材料を加えて煮、塩・こしょうで味を整えれば出来上がりです。

*お子様には練りがらしの代わりのケチャップを添えてもいいですね。

●鶏肉のマリネ

材料・・・(4人分)鶏もも肉300g、ねぎ2本、きゅうり2本、キャベツ4枚、トマト1個、A{塩小1、とうがらし小1、こしょう少々、酢大4、サラダ油大8}

①鶏肉は小さめの小口切りにし、しょうゆ・酒各大1.5うを絡めてしばらくおきます。

②野菜はきれいに洗い、きゅうりは軽くたたき、ねぎ・キャベツはともい一口大にちぎります。これは味をしみやすくするためです。ト
マトは乱切りにします。

③バットにAの調味料を合わせ②の野菜を入れておきます。

④鳥肉に小麦粉をよくつけ、中温に熱した揚げ油でカラリとするまで揚げ、揚げる端から③に漬け込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

すね肉とキャベツの煮込みの献立

●すね肉とキャベツの煮込み
     コトコト煮込んだドイツの田舎風です。

材料・・・(4人分)豚すね肉800g、キャベツ1個、トマトピューレ台2、酢大1、塩・こしょう・小麦粉各適量、赤ワイン大2、バター大3、サラダ油大2

①蓋のすね肉はかたまりのまま求め、塩・こしょうして30分おきます。

②キャベツはざく切りにして塩大2をまんべんなくふり、10分ほどしてキャベツがしんなりしてきたら手のひらで押すようにしてさらに30
分おきます。

③玉ねぎは薄切りにします。

④フライパンにバター大2を熱して①の肉に小麦粉をまぶして転がすように焼き色がつくまでゆっくり炒めます。

⑤④の肉を取り出したフライパンに残りのバターを入れて玉ねぎを炒めます。

⑥深鍋にサラダ油と⑤の玉ねぎを入れサッと洗ったキャベツを3~4回に分けて加え、弱火で炒め合わせます。

⑦⑥に④の肉を加えトマトピューレ、酢、赤ワインを振ってふたをそ、弱火で約50分煮込みます。最後に味をみてから塩・こしょうで味整えます。

●まぐろのタルタル

 まぐろのとろりとした口当たりを楽しんでください。

材料・・・(4人分)まぐろの赤身(切り身)100g、アボガド1/2個、
A{玉ねぎのみじん切り大3、ピーマンのみじん切り大1、赤ピーマンのみじん切り大1、黄ピーマンのみじん切り大1、チャイブのみじん切り大1}、レモン汁1/2個、B{フレンチドレッシング(市販でいいですよ)大2、バルサミコ酢大1、オリーブオイル大1、塩・こしょう各少々}、C{オリーブオイル大2、バルサミコ酢大2、塩・こしょう各少々}、
D{にんじんのせん切り・セロリせん切り・あさつきの小口切り各少々}、フランスパン適量

①まぐろは塩を振って15分おき、水にさらして塩気を取ります。

②レモン汁の半分を①にかけ、4分つけて5mm角に切ります。

③アボガドは5mm角に切り、塩・こしょう・レモン汁1/4をかけます。

④ボールにAを入れて混ぜ、②③を加えて混ぜます。

⑤Bとレモン汁1/4を混ぜ④に加えてあえます。器にサークル型を置いて⑤をつめ、型をはずします。

⑥ボールにC、レモン汁1/4量を入れて混ぜ、⑥のまぐろの周りに流します。まぐろの上にDをのせてフランスパンを添え、出来上がリです。

   *魚臭さが嫌いな方はレモン汁を多目に使ってくださいね。

●チキンサラダ

白ワインがちょっとおつです。

材料・・・取りの手羽肉200g、白ワインカップ1/4、きゅうり2本、セロリ1本、紫玉ねぎ1個、サラダ菜1/2株、サラダ油大6、酢大4、塩小1.5、こしょう少々、パセリ・玉ねぎ各みじん切り大1

①鶏肉は白ワインと同量の水で5分ほど蒸し煮にして冷まし手で細かく裂いておきます。

②きゅうりは縦に皮をむいて4cmくらいのせん切りにし、セロリも筋を取ってせん切りにしみずに放しぱりっとさせます。

③玉ねぎは薄い輪切りにして水にさらします。

④ボールに塩とこしょうを入れサラダ油を少しずつ加えてよくかき混ぜ、酢を加えます。ここにパセリと玉ねぎのみじん切りを加え、さらによく混ぜあわせます。

⑤きゅうりとセロリを水からあげて水分をよく切り、鶏肉サラダ菜をと混ぜ合わせサラダ菜を敷いた器盛り、水えおきった紫玉ねぎをかざり、④をかけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

バレンシア風ライスの献立

●バレンシア風ライス

材料・・・(4人分)米カップ2、玉ねぎ60g、バター大2、スープストックカップ2.5、ハムの薄切り2枚、マッシュルーム(缶詰)8個、ピーマン1個、塩小1、酒大2、サフラン小1/3、いか1/2杯、えび8尾、はまぐり(殻つき)小8個、きす2尾、。パセリのみじん切り少々

①お米は洗ってざるにあげ2時kランおきます。

②玉ねぎは5mm角に切ります。

③ハム、ピーマンはそれぞれ7mm角、マッシュルームは薄切りにします。いかはワタを抜きかわをはいで輪切りにしきすは3枚におろして一口大に切り、塩小1/2をふります。

④鍋にバターを大1加えて②を炒め、残りのバターを加えて①っを炒めさらに③と塩小1/2、スープストック、お酒、サフランも加えて炊き上げます。

⑤④を器に盛りパセリを振れば出来上がりです。

    材料費がかさむので特別な日にどうぞ!!

●はまぐりのエスカルゴ風

    解けたバターが食欲をそそります。

材料・・・(4人分)はまぐり12個、塩適量、バター25g、にんにく1/2片、長ネギのみじん切り大1/2、パセリ大1/2、こしょう少々

①バターは室温で戻しておき、スプーンでさらに柔らかく練ります。

②にんにくは皮をむいてみじん切りにします。

③①のバターに②のにんにく、長ネギのみじん切り、パセリ、こしょうを食え輪得て混ぜ合わせます。

④塩を入れた熱湯にはまぐりをいれて軽くゆでます。

⑤殻のふた側を手でおってはずします。

⑥下側の殻と身の間に刃先を入れ空と身を切り離しておきます。

⑦③のバターっを12等分してはまぐりの上にのせます。

⑧250度に熱したオーブン似いれて焼き色がついたら取り出し、出来上がりです。

●なすのロシア風煮込み

材料・・・(4人分)なす8個、牛ひき肉200g、トマト(完熟)3個、玉ねぎ1個、ピーマン3個、にんにく1片、油大4、バター大1、ローリエ1枚

①なすは皮をむいて斜め2つに切り、すぐ水につけて落し蓋をし10分アクを抜きます。

②トマトは湯むきし、縦2つに切り種を軽く取ってざく切りにします。

③玉ねぎ、ピーマン、にんにくはみじん切りにします。

④厚手の鍋に油を熱し、茄の水気を取って入れ中火で油がなじむまで炒めて取り出します。

⑤あとにバターを溶かして玉ねぎ、にんにくを入れ茶色になるまでゆっくり炒めて甘味を出し、ピーマン、ひき肉の順に入れてさらに炒め、最後にトマトを入れてさっと炒め、塩小1、こしょう少々をふり混ぜます。⑤の鍋になすを戻し、水1/4カップ、砂糖大1、しょうゆ小1ローリエを加えにたったら火を弱め、ふたをして、時々鍋底をこすって汁気がほとんどなくなる迄にこめば出来上がりです。

*熟したトマトが無い時はトマトの水煮缶400gでもいいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 8日 (水)

さばの竜田揚げの献立

●さばの竜田揚げ
    下味をあいっかりしみこませてから揚げるのがコツです。

材料・・・さば1尾、A{っしょうゆ大2、酒大1、みりん大1、しょうが汁1片分}、ししとう12本、塩少々、片栗粉大4、揚げ油適宜

①さばは3枚におろして腹骨をそぎ取り、皮目のほうから包丁を入れて2~3cmのそぎ切りにします。

②バットのAの材料を合わせ、さばを入れて全体に絡め、15分おきます。途中で1~2回上下を返すとよいでしょう。

③ししとうは爪で一箇所切り目を入れ、油の中ではじかないようにします。160度に熱した油で素揚げにして紙の上にとって軽く塩をふっておきます。

④さばの汁気をふいて片栗粉をまぶし、余分な粉は手ではたいて落します。170度の油に入れ色づいてカリッとするまで揚げます。③のししとうを添えます。

●ニース風トマトサラダ
    ツナをサンドした夏向きサラダです。

材料・・・(4人分)トマト中3個、ツナ1/2缶、玉ねぎににじん切り20g、マヨネーズ大2、A{サラダ油大3、酢大1、塩小1、こしょう少々、マスタード小1}パセリのみじん切り少々

①トマトはヘタを取り、皮つきのまま5mmの厚さの輪切りにします。

②ツナは汁気を切ってザク切りにし、玉ねぎのみじん切りっを加え、マヨネーズで和えます。

③トマトにツナをのせさらにトマトを載せてはさみ、それを出来るだけ作ります。

④器に盛りAのマスタードドレッシングをかけ、パセリを振ります。

*時間をおくとトマトの汁気がでて水っぽくなってしまうので、食べる直前にはさみましょうね。

●牛肉とごぼうの辛みそ煮

     唐辛子とにんにくで韓国風に。

材料・・・(4人分)牛切り落とし肉350g、ごぼう(太めももの)2/3本、赤とうがらし1本、万能ねぎ3本、ごま油大1、A{水カップ1/2、酒大2.5、味噌大2.5}おろしにんにく小1/4

①ごぼうは皮をたわしでこすって洗い、斜めうす切りにしみずに5分ほどさらし水気をきります。

②牛肉は4~5cm長さに切ります。万能ねぎは小口切りにします。

③鍋を熱しごま油をなじませ、ごぼうを炒めます。油が回ったらAの煮汁の酒をふり、水を注いで煮立て味噌を溶きいれます。再び煮立ったら肉を加えてほぐし、強火で2~3分煮ます。

④赤とうがらしをちらして入れアルミホイルなどで落し蓋をし、中火よりやや弱めの火で6ふんほど、煮汁が1/3くらいにまるまで煮ます。

⑤ごぼうが柔らかくなって、味がよくなじんだら。仕上げに下ろしにんにくを加えて混ぜ、火を止めます。器に盛り、万能ねぎをたっぷりと散らせば出来上がりです。

 辛いものは食欲をそそるので結構紹介していますが、胃には負担になるのでたまにはリゾットや雑炊で胃を労わってくださいな。

●焼あじのとろろどんぶり

とろろかけご飯だけでもおいしいのですが今回は、あじのほぐし身がさらにおいしさを引き立てます。

材料・・・(2人分)あじ1尾、山芋200g、うずらの卵2個、だし汁カップ1/4

①あじは塩をふって焼き、身をほぐしておきます。

②山芋は皮をむいて摩り下ろし、うずらの卵白と塩・しょうゆ各小1/2、だし汁を良くすり混ぜます。

③ご飯の上にあじを散らし、とろろ汁をかけて、真ん中にうずらの卵黄を落とし、もみのりをふりかけて出来上がりです。

わさびを添えてもおいしいですよ。簡単なので忙しいあさにお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

ハンガリー風煮込みの献立

●ハンガリー風煮込み
    パプリカを効かせました

材料・・・鶏もも肉4枚、トマト中1個、玉ねぎ1/2個、白ワイン大3、パプリカ大1.5、グリーンアスパラ200g、サラダ油・こしょう各適宜

①鶏肉は2つに切り、トマトは皮、種を取ってみじん切りにします。玉ねぎも同様にします。

②フライパンにサラダ油大2を入れて熱し、鶏肉を両面焼き、お皿に取り、軽く塩・こしょうします。

③②のフライパンにサラダ油少々を足し、玉ねぎ・トマトを炒め、白ワインを振りいれ、パプリカ・塩・こしょうで調味し、鶏肉をもどし暫く煮ます。

④アスパラのソテーを添えます。

●ほうれん草の目玉焼き
    栄養価の高い材料を取り合わせました。

材料・・・卵4個、バター大2、ほうれん草1/2束、塩・こしょう各少々

①ほうれん草はよく洗い、塩少々を入れたたっぷりの熱湯の中で色よくゆでます。ゆであがったら水にとって冷まし、水気をよく絞って、2cmくらいの長さに切ります。

②フライパンにバターを溶かし、①のほうれん草を軽く炒め、塩・こしょうします。ほうれん草をかき分けて4ヶ所のくぼみをつけ、卵をりいれ、好みの方さに焼き上げます。

●キャベツとベーコンのサラダ
    朝食にもお勧め。

材料・・・キャベツ1/2枚、ベーコン40g、サラダ油大2、カレー粉大1.5、塩小2/3、酢大1.5

①キャベツは太めのせん切りにし、ベーコンは短冊切りにします。

②フライパンにサラダ油を熱し、キャベツとベーコンを強火で炒めます。

③キャベツがしんなりしてきたら、カレー粉をまんべんなく振りこみ、更に塩・こしょうをしてよく混ぜ合わせます。
  *キャベツをいためる時は強火で。弱いと水分が出て水っぽくなりますのでご注意を。

●きすとわかめの黄身酢和え

材料・・・きす4尾、水・酢各少々、生わかめ50g、きゅうり2本、A{黄身1個、だし汁大4、酢大2、さあ棟大1、塩少々}

①きすは2枚におろし、軽く塩をふって、30分ほどおいて酢洗いします。

②わかめはよく水洗いして水気を絞り、2cm暗いの長さに切ります。

③きゅうりは薄く輪切りにして塩もみして水気を絞ります。

④Aの調味料をよく混ぜ、湯せん、または弱火にかけてとろみをつけ、下ごしらえした材料を合わせてかけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »